「着物コラム」の記事一覧

【着物買取の業者選びマニュアル】人気業者が多くて迷った時のコツ

近年、着物買取が人気を集めています。 つい数年前までは着物は着る人が少なく、需要も減る一方と言われていました。 しかし着物に馴染みのない若年層や日本に訪れる外国人から新しい文化として人気が高まってきました。 中古着物に注目が集まるとともに、着物買取を行う業者も増え、着物買取サービスの中でいわゆる大手と呼ばれる人気業者も存在します。 これだけ多くの着物買取業者が増えると、「どの着物買取業者を選べばよい?」という悩みをお持ちの方も多いようです。 そこで今回は【着物買取の業者選びマニュアル】と題し、人気の着物買取業者の選び方をご紹介します。 着物買取を頼む前に知っておきたい、...

着物の処分方法と「買取」という選択肢

着物の処分に困っているという声をよく耳にします。 皆さんも、周りにそういった方たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。というのも、日常で着物を着る機会が少なくなってしまったために、タンスの肥やしになってしまっているといったケースが頻発しています。 しかし、同時に、着物を着る文化は見直され始めてきているのも事実です。現在着物は、日常で着る物から、特別な日に着るというとらえ方に変わり始めています。 また着物は、持つ時代から借りる時代へと着物の在り方が変化してきています。 この機会に、不要になってしまった着物の処分について、考えてみませんか?そんな着物の処分について紹介します。 ...

七五三の着物は買取可能?不要になったら早めの売却がおすすめ!

七五三の着物は一度着ると、使い道がなかなか無く、自分の子供などにお下がりとして渡すことが多いと思います。 しかし使わなくなってしまってからは、タンスに眠ったままとなってしまっていることが多いのではないでしょうか。 七五三の着物は売ることができる! 自分が子供のころに来た着物を子供には着せたものの、孫の着物はフォトスタジオなどで借りると言う方も少なくないのではないでしょうか。 使わなくなったその着物を処分するにしても、そのままタンスの肥やしになってしまっていることもあると思います。 七五三は意外と需要があるようです そんな七五三の着物も、買取が可能です。 現在で...

【反物買取】着物買取における反物の相場と買取サービスの利用方法

着物を着る機会が少なくなってしまった今、反物など売れるものではないと考えてしまっている方が多いようです。 しかし、反物には需要があるんです。今回は反物について紹介します。 反物とは? そもそも反物とは、布の長さを表す『反』という単位から、反物と呼ばれていると言われています。 そんな反物は、着物などを作る前の段階の物で、色々な反物があります。 例えば、着物をつくる反物は『着尺』と呼ばれ、羽織をつくる反物は『羽尺』と呼ばれます。 また他にも、帯や襦袢などを作る反物もあります。これらの反物は一般的に、巻物のように巻かれた状態である物がほとんどで、着尺であれば、12mもの長...

祖母の遺品整理で着物を見つけた場合 処分方法や買取に出す方法

高齢化社会の日本では、年金や遺産、老人ホームなど、様々な問題が起きています。 家の解体業者は賑わってるとのことです。 その際に、ゴミとして処分されてしまう着物がたくさんあるというのを耳にしました。 そこで今回は、大切なご家族の遺品の中で、思わぬ高額商品として浮上する着物について紹介します。 祖母の遺品整理でお悩みではないですか? 近年、遺産とともに困っている声を聞くのが、遺品の整理です。 金品などいわゆる金目の物が無くなり、最後に着物だけ残ってしまったという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? 亡くなった祖母の遺品をどうするか 例えば、アクセサリーは欲...

お下がりの着物の処分にお悩みの方へ

大好きな祖母からもらった着物。 ところがサイズが合わず、タンスに眠ったまま10年が経ってしまった。そんな状況を、よく耳にします。 実際に処分をしようと思っても、大切な方から頂いた物は、中々踏ん切りがつかないことかと思います。 今回は、そんな方々に、いくつかアドバイスをします。 お下がりの着物が不要になる方は少なくありません お下がりは、着物でも洋服でも、処分をするには悩ましいものです。はじめに、お下がり着物について説明いたします。 七五三のお下がり着物 現在も、七五三で着物を着る文化は、変わらず残っています。 そのため、親や祖父母が、自分が着た着物を下の世代に来...

着物の買取は安いって本当?着物買取は上手に利用し高く売る

着物を着る機会が少なくなってしまった今、眠っていた着物を売る方がたくさんいます。 しかし、そんな方々からは『着物が安かった』という落胆した声をよく耳にします。 今回は、そんな着物の買取イメージについて説明します。 なぜ「着物買取は安い」というイメージがあるのか? 着物の種類は大変多く、査定における価値判断が非常に難しい物とされいてます。 着物を着る機会が少なくなってしまった現代において、買い取った着物がいくらで売れるか予測ができて初めて、買取価格を決めることができます。 そのため、査定員のスキルはとても大事な部分となっており、中には着物の買取価格が安くなってしまった...

不要な帯は着物買取へ!気になる買取価格や査定ポイント

近年、不要な着物とともに、不要な帯の処分にも困っているという声を耳にします。 『いったいどんな帯が高く売れるのだろう』『そもそも帯って売れるのだろうか』そんな悩みにお答えするべく、今回は帯の買取について紹介します。 着物買取業者は帯のみでも買い取ってくれるのか? 新しい帯を買って、今まで使ってた帯を売りたい方や、親戚に着物を譲ったけど、帯だけ残ってしまったという方、帯は帯だけでも売れるんです! 着物や帯の買取について そもそも現在、着物や帯の買取は、活気を示しています。 持つ時代から借りる時代へと変化したために、着物レンタルの需要が増加していることが要因となっていま...

着物買取における銘仙着物のアンティーク着物としての価値

銘仙着物をご存知でしょうか。 現在では、着物の在り方が変わり、持つ時代から借りる時代へと変化してきています。 この変化から、新たに着物に注目が集まるようになりました。 そして、かくいう銘仙着物も現在だからこそ見直されてきています。今にしかない銘仙着物の価値について、紹介します。 女性の普段着として普及した『銘仙』 銘仙とは? そもそも銘仙とは、何なのでしょうか。 銘仙とは昭和初期頃(昭和10年)までに作られた着物を指します。 この銘仙は、アンティークとして人気があり、年代物であるがゆえに、着物の骨董品とも言えるでしょう。 また、用途としては、普段着として使われ...

紬ってどんな着物?着物買取に出す時の注意点

かつて多くの方に親しまれてきた着物ですが、近年、着物の在り方が見直されてきています。 時代は回帰すると言われているように、着物が流行り始めているのも事実です。 ところが、最近の若い世代には、着物に違いがあるということをあまりご存知の方がいらっしゃらないように思えます。 着物の中でも、普段着として多くの人に親しまれてきた『紬』について、紹介します。 紬の種類と特徴 紬は、蚕の繭から糸を取り出していく際に、ひねりをかけ頑丈な糸として仕上げて作られる織物のことを指します。 この紬は、頑丈なため、非常に持ちがよく、かの有名な大島紬は、三世代まで続くといわれるほどです。 また、...