アクセサリーとして人気の金。一般的には純度が刻印されており、金の価値を区別できますが、時には刻印がなく判別できないこともあります。

金の刻印の基礎知識や、自分でもできる金の見分け方をご紹介します。

   

刻印の種類を知ろう

金やプラチナなどの高級な金属を使った製品には、その純度を示すために刻印が打たれることが一般的です。

必ず刻印を打たなければならないという義務はありませんが、品質を保証するために刻印するメーカーが大半です。

もし虚偽の刻印をした場合は、詐欺罪に該当します。

たとえば金の場合、純度99.99%の純金なら「K24」、他の金属を25%混ぜた18金なら「K18」などと刻印されますが、純金は柔らかくアクセサリー加工には適していないため、アクセサリーの多くはK18やK14、K10程度の金が用いられています。

純度が高いほど金の価値は上がるため、K18アクセサリーは特に購入価格や査定価格が高い傾向があります。

また、場所としては指輪であれば内側、ネックレスであればチェーンの留め具の裏など、比較的目立たない部分に彫られていることがしばしばです。

刻印には、ブランド名や宝石のサイズなどが打たれていることもあります。

金の偽物にはどんな種類がある?

刻印がない金のリング

金の偽物には大きく2種類あります。1つ目が、刻印と実際の純度とが異なるパターンです。

たとえばK10なのにK18と刻印していたり、アクセサリーには不向きのK24の刻印があったりと、実際に使用されている金より高級を偽り、価格を吊り上げていることがあるのです。

2つ目に、本物の金ではなくメッキを使用しているパターンが挙げられます。メッキ製品は、「K18GP」などと末尾にGP表示をすることがルールです。それを怠りメッキが混じっていないように見せかけることも、詐欺の手口の1つです。特に金に似た見た目であるタングステンのメッキが用いられることが多いため、注意しましょう。

さらにアクセサリーのほとんどに本物の金を使いながら、留め金などの細かいパーツでメッキや他の金属を使用している場合もあります。かなり巧妙な偽装で気づきにくいのですが、購入の際には気をつけるようにしましょう。


偽物を自分で見分ける方法

時には刻印そのものがないアクセサリーも販売されています。

そんな時に困らないよう、刻印あり、刻印なしに関わらず、偽物かどうかを自分で判別できる方法がいくつかあります。

1つ目は、アクセサリーに磁石を当ててみることです。金は磁石にくっつかないため、磁石にくっついた時点で偽物だと判別できます。しかしシルバーを始め、磁石につかない金属は他にもたくさんあるため、完全な判別方法とはいえません。

2つ目の判別方法は、手で持ってみることです。重く、熱が伝わりやすいというのが金の特徴なので、手で持ってみて軽かったり、冷えたままだったりしたら、偽物を疑ってみましょう。ただし、これらの方法は他の金属と完全に判別できるわけではありません。

3つ目の方法は、水に沈めてみる方法です。水の入った容器に金を入れ、増えた体積から金の純度を計算するというものですが、宝石などがついているデザインだとうまく計測できないというデメリットがあります。不安がある場合は金の買取を実施しているところに相談してみることもおすすめです。