金に見えても、実は純度が異なる金はたくさんあります。アクセサリーでも、24K・18K・10Kなどと色々ありますよね。金買取の利用でも、この純度は非常に大切な問題です。

では純度というのはどういう意味なのかというと、いわゆる金の割合です。金は24分割で考えられていて、金の純度が100%であれば、24Kということになります。実際には100%ではなく、99.99%なら純金と判断されます。

次に、アクセサリーで多い18Kについてですが、これは24分の18ということになりますので、純度は75%ということになります。どうしてアクセサリーは18Kからが多いのかというと、金は非常に柔らかい性質なので、アクセサリーとして使うためには24Kである純金は適していないからです。そのため、他の金属と混ぜて硬くしてからアクセサリーとして使われます。どんな金属を混ぜるかによって、金の色も変わるでしょう。

純度が低くなるとともに、14Kや10Kとなっていきます。14Kだと58.5%の割合が金ということになりますね。全て同じに見える金ですが、実は純度が違う、ということは覚えておいてくださいね。もしもアクセサリーとしてではなく資産として金を保有したいなら、24Kがいいでしょう。インゴットはもちろん24Kの純金です。

金買取が身近になった今ですが、利用する前に純度についての知識は身につけておいて損はないと思います。