金は世界中の政治経済の影響や情勢の影響を受けて日々変動しています。この金の買取相場は、商品先物取引で知ることが可能です。商品先物取引というのは、現在の商品価格のままで時期が来たら買う、もしくは売るという約束をする契約のことで、今後価格が上がると思えば買う、そして下がると思えば売るとしておくのです。その取引で差益をえるものが商品先物取引というものですね。この取引は金の買取価格を上下しています。

では下がっているときには金を売るのも買うのもやめたほうがいいのかというと、そうでもありません。金の価値は世界中で知られているものなので、実物資産です。資産を保持しておきたいと思う人は通貨を金にかえ始めています。通貨が暴落をしたときには、資産として多く買われるので金の買取価格は上がるでしょう。

また、金には限界があります。一生供給し続けることができる金属ではありません。そのため、金を欲しい人が増えたときには価格が高騰するのです。

金の価格は上がったり下がったりするとお話しましたが、決して価値がゼロになることはありません。供給が少ない中需要が増える傾向にあるので、安定した価値を続けていくでしょう。

しかし、安定しているだけに、短期決済で商品先物取引をしている投資家にとっては、あまり意味がない取引になるかもしれませんね。金が資産として価値を得るのは、長期的に考えて金の買取価格が上昇したときです。

もちろん絶対この先金の価格が上がるという保証はありませんので、投資は自己判断でおこなってくださいね。