金を買取ってもらった、もしくは金製品を売りに出したご経験も一度はあると思います。 売りに出した際に、想像以上に安い買取金額を提示されてがっかりしたことや反対にサイズは小さいのに思ったよりも高い査定額になり驚いたこともあるかもしれません。

金買取において、専門業者はお店やホームページ上に買取価格を出している場合も多いかと思いますが、その内容と同じ金額で買取ってもらえない場合もあります。理由はいくつかありますが、たとえば金の買い取り価格には、重さやその日の金価格の相場や金製品の純度など、さまざまな原因が考えられます。

「金」と一言で言っても、含有量が異なりますので見た目は一緒でも価格が異なります。それが純度と呼ばれるものです。

特に金製品は内側に刻印といって24kや18kなど記載されていることも多いです。例えば18kの刻印があった場合は総量の75%が含有量となりますが、24kと書かれていいたら、それは純金と思って頂いて良いでしょう。

話は戻りますが、買取金額はその日の相場と重さ、そして純度の合計から価格を算出しますので、純度や重さが少ない金アクセサリーですと希望の値段に添えない価格を提示されるかもしれません。反対に、上記で挙げた点を踏まえた金製品ならば思った以上の値段が付く事も多くあり、売って良かったと思える結果になるかもしれません。

では、純金だから良いのかといえば、一概におすすめはできません。なぜなら純金は少し力の強い方ならば手で曲げることができるくらい柔らかく、アクセサリー向きであるとは言えませんので、金を使ったアクセサリーの多くは24金よりも純度を下げたものが多い傾向があります。あなたがお持ちのアクセサリーや、多くの方が持っている金製のアクセサリーは18kのものが多く、金だからといって必ずしも値段が高くなるわけではない理由はそこがポイントです。そんな金製品の中で、金貨やインゴットなどは純金でできていますので希少価値も高く、当然買取価格も高い傾向にあります。

まずは自宅に眠っているアクセサリーや趣味の品の金製品をチェックしてみて、裏側の表記をみてみましょう。 きっと参考になると思います。