世界的なファッションブランドである「エルメス」は、女性だけではなく、男性にも人気のブランドです。洋服、ネクタイ、マフラー、シューズ、アクセサリーなど、その商品は多岐にわたり、世界中で愛されているブランド品です。その中でも人気なのがバッグです。エルメスの歴史とバッグについて紹介します。

   

もともとは馬具の製造会社だった!エルメスの創業時

エルメスは、パリにて創業者であるティエリー・エルメスが1837年に設立しました。当初は、当時の生活者の足であった馬のための馬具を製造、販売するための馬具工房としてのスタートでした。世界的なファッションブランドであるエルメスは、最初はなんと馬具を作る会社だったのです。有名なエルメスのロゴマークが、馬車をあしらったデザインなのはそのためです。その頃は生活の主な交通機関は馬車だったので、ロシア皇帝やナポレオン3世などの御用達の馬具工房として、エルメスは運営されていました。時代が変わり、その頃は創業者のティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリス・エルメスが会社を運営していました。エミールは今後の主流となる自動車時代を見すえて、馬車文化が衰退するのを予想して、馬具以外の商品の開発に手を着け始めました。馬具の作り方のノウハウを生かしてエルメス最初のバッグ「オタクロワ」を製造、販売します。当初は馬具を入れるための収納バッグでしたが、のちに製造される「バーキン」の原型となります。その後、馬具以外の商品を次々と開発し、腕時計、香水、服飾品などを販売します。親子代々で運営されてきたエルメスは、孫の代であるエミール時代からファッションブランドの地位を確立していったのです。

女性だけでなく男性にも愛用者多数!エルメスのバッグの魅力

ピンクのブランドバック

今では当たり前である、ファスナー付きのバッグを開発したのがエルメスです。1920年代に世界初となるファスナー付のバッグを販売し、機能性とファスナーの秀逸なデザインによって人気商品となります。そして、エルメスのバッグの特徴は有名人の名前が商品名となっていることです。グレース・ケリーが愛用していたことがきっかけで世界的に有名になった「ケリー・バッグ」、当初は販売用ではなく歌手のジェーン・バーキンのために作られ、その後一般的にも発売されたバッグ「バーキン」などがあり、日本でも人気の商品です。ほかには男性にも人気の「フールトゥ」など数々の人気バッグが揃っています。人気の秘密は、たくさんのものが入れられる容量の大きさにあります。頑丈な馬具の製造から始まったブランドだけに、品質も良く長持ちすることも特徴です。見た目の美しいデザインだけでなく機能性も重視されているのが、エルメスのバッグの魅力です。


エルメスのバッグ、処分するには買取サービスを利用しよう!

エルメスバッグの新作が出るたびにすぐに購入してしまい、いつの間にか家には使用していないバッグだらけになったという方もいるでしょう。そんな時は捨ててしまったり、人にあげたりするよりは、買取サービスの専門店を利用することが良い案です。家になる未使用のものを処分できて、お金にもなり一石二鳥です。買取サービスはブランド品の洋服、小物の買取を強化している会社が多く、エルメスのバッグも高額で買取をしてくれることでしょう。