高級ブランドの1つであるエルメス。その製品にはお馴染の「馬車ロゴ」マークがついています。普段何気なく見ることの多いこのマークですが、この馬車ロゴには深い意味が込められているのを知っていますか。今日はエルメスの馬車ロゴや、ブランド品によって刻印されているマークについてご紹介します。

エルメスの馬車ロゴ、それができた背景とは

現在では多くの服飾品を中心に展開しているエルメスですが、パリに「高級馬具工房」を開いたことが始まりでした。1837年に、後のエルメス創業者となるティエリ・エルメスが開いたお店です。当時は馬車文化がさかんな時代でしたが、その後、時代は大きく移り変わり、自動車産業が中心となります。エルメスはその時代に上手に乗り、馬具で起用していた革製品を使い、上質な素材で出来たカバンや財布などに商品を展開していきました。今でもカバンを中心とした皮革製品の評価が非常に高いのは、この頃のきめ細やかな技術を引き継いできた歴史があるからです。その商品は非常に評価が高く、現在では世界中のセレブから愛用される高級ブランドへと成長していきました。エルメスを象徴する馬車のロゴマークは、創業当初につくられていた馬具や馬車をモチーフにしています。

エルメスの馬車ロゴに隠されたメッセージ

エルメスのロゴマークは、馬、馬車、従者が描かれています。すでにお馴染となったこのマークですが、よくよく見ると馬車には肝心のお客様が乗っていません。馬と従者が、これから乗り込むご主人を待っているようにも見えます。通常、馬車を描く際には乗っている人物も描かれるのが普通ですが、実はこれこそがエルメスが伝えたかったメッセージなのです。これは高級ブランドに成長したエルメスですが、主役はあくまでも使ってもらうユーザーであるというメッセージがロゴに含まれています。ロゴに描かれている馬車は数々のブランドアイテムを表し、従者は職人をイメージしています。そしてこれから馬車に乗るだろうお客様は、エルメスのブランド商品を使うユーザーを表しているのです。つまり「エルメスは最高の品質の馬車を用意します、それに乗り込んでどういった道を行くかはお客様次第です」という意味が込められています。


エルメスは昔から高額買取の対象

ロゴマークにもブランドとしてのプライドが垣間見えるエルメス。その商品は確かに品質が良く、高額なバックであるバーキンなどもその値段の価値にふさわしいとされ、多くのセレブが愛用しています。また、ロゴマークの他にもエルメスは希少価値の高い商品に特殊な刻印が押されていることも多く、ハイクオリティな製品は年月が経っても価値が衰えることはありません。もし家で使っていないエルメスの商品があれば、眠らせておくのはもったいないでしょう。エルメスは日本だけでなく世界中に愛用者がおり、多少古くても傷があってもエルメスの商品を買い求めるユーザーは多くいます。今では多くのブランド品を取り扱うことの多い買い取り業者ですが、中でもエルメスは高額な取引をしてくれるところが多いです。わざわざ店頭に持ち込まなくても家まで来てくれる出張買取などもありますから、自分の都合の良い買い取り方法を利用してみると良いでしょう。