女性にとって革バックは魅力的なファッションアイテムの一つです。そのため、複数の革バッグを持っているという人も少なくないでしょう。もし、その中に使わない革バッグがあれば、買取してもらうのがおすすめです。根強いレザー人気の中で、想像以上に高値が付く可能性もあります。

革バッグ主流になるのはどんな革?

まず、古くから革バッグの素材として親しまれているのが牛革です。丈夫で美しいという特徴があり、革製品の代表格ともいえます。牛の月齢、性別によっても革に違いが生まれ、それぞれの特徴を生かしてバッグやベルト、靴などに使用されています。また、日本で唯一飼育から製造までを行えるのが豚の革です。ピッグスキン・スエードはスエード状の質感が人気で、バッグ、カジュアルシューズなどにも使用されています。優れた通気性から、靴底として使われることもあり機能性の高さに定評があります。さらに、牛革に比べると強度は落ちるものの、その柔軟性の高さで多くの衣料製品に用いられているのが馬革です。馬の種類によっては繊維が緻密で光沢が美しいものもあり、バッグなどの高級素材としても用いられています。その他、独特のシボと柔軟性が特徴の山羊の革も高級バッグの素材として用いられるものです。柔らかいけれど、型崩れがしにくい革なのでバッグ以外にも高級靴などにも活用されます。

独特の模様が魅力の革

エキゾチックレザーと呼ばれる、独特の模様をもった動物の革もバッグとして広く使用されています。例えば、トカゲ革は爬虫類の中でもポピュラーな素材で耐久性に優れているため人気があります。特にリングマークリザードと呼ばれるトカゲ革はリングの模様があり、最高級の素材として知られている革です。バッグ以外にも、時計のベルト、革製の小物などに多く使われます。また、革の表情が豊かなことで多くのファンをもつのがワニの革です。女性もののバッグに広く使用され、うろこ模様が美しいクロコダイルが最もメジャーといえるでしょう。さらに、オーストリッチレザーとして知られるダチョウの革もハンドバッグには欠かせない素材です。毛を抜いた後が突起していることで、美しいデザインを生み出し人気の要因になっています。柔らかく丈夫なことが特徴でワニ革同様、高級素材として知られています。その他、ファッション性の高いアイテムに用いられるのが蛇革です。全身に整った斑紋を持つニシキヘビの革が主流です。もちろん、ウミヘビやコブラなども広く使用されており、うろこ模様を生かしたバッグは非常に人気があります。


革バッグ使わないものは買取へ

様々な動物の革を使用し作られるレディース革バッグは、使うほどに肌になじんで変化する発色が共通の魅力となっています。そのため、中古品でも需要が高く人気があります。もし、使わない革バッグがあれば買取に出すことがおすすめです。状態が良ければ想像以上の高値がつく可能性もあります。多少傷があっても、使い込んだ雰囲気を好む人もいるので、無料査定に出してみると良いでしょう。量が多い場合や、レディース革バック以外にも査定してほしいものがあるときは、出張買取というサービスも便利です。出張料、査定料ともに無料で対応してくれる店舗もあります。