ブランド品をよく購入するという人は、今使っているブランド品以外に、クローゼットで眠っているだけでしばらく使っていないというブランド品はありませんか?買い物が好きな人、おしゃれに敏感な人はブランド品が好きな傾向にあります。そのため、ブランド品をクローゼットに眠らせている確率も高いでしょう。

もしも既に使っていないブランド品があるなら、専門業者で買取してもらってはどうでしょうか。お小遣い稼ぎにもなります。また次のブランド品を購入する足しにもなりますし、クローゼットの掃除にもなりますね。一石二鳥だと思います。

しかし海外旅行で手に入れた格安のブランド品は、買取業者も買取しないことが多いです。それはどうしてかというと、もしかしたら偽物かもしれないからです。ブランド品の偽物といっても、非常に似せて作っているため、査定自体を断っているという業者もあるぐらいです。買う側としても、海外旅行であまりに安すぎるブランド品は買わないようにするなど、偽物を手に取らないよう気をつけましょう。

また、ブランド買取専門業者の査定員は、偽物か本物かを見分けられます。とはいえ世間にはどうやって見分けているかはあまり詳しいことは公にはされていません。偽物を販売する業者に情報が漏れないためです。その中でも素人で見分けられるポイントとして、タグがあります。タグは粗悪品だとすぐにわかるぐらいの違いがあるのです。

ただ、正規のものとタグが違うから偽物だとは決め付けないでください。時代によってブランド側でタグのデザインを変更していることもあります。それ以外には、ステッチの種類、ボタンの厚みなども見分けるポイントです。

自分で判断するよりも、迷ったらまずは買取業者に査定を依頼してみてください。