ルイ・ヴィトンといえば誰もが聞いたことのあるブランド品の代表といっても過言ではないでしょう。昔から世界的に根強い人気を誇り、数度の大きな値上げが過去にありながらも未だに不動の人気を獲得し続けています。ここでは、そんなルイ・ヴィトンの魅力と人気の理由について見ていきましょう。

日本でもヴィトンが大人気!その高いブランド力

ルイ・ヴィトン以外にも、プラダやシャネル、ブルガリなど、有名なブランドは数知れずあります。その中でもヴィトンの知名度は圧倒的でしょう。これは日本においても特に顕著に現れており、日本人女性に関していえば過去、もしくは現在にルイ・ヴィトン製品を持っているという人の割合は相当高いのではないでしょうか。最近では学生でも持っている人が多くなったルイ・ヴィトンですが、何故ここまで人気を集め続けているのでしょう。他のブランドになく、ルイ・ヴィトンにしかない魅力とは一体何でしょうか。その答えを探る鍵はブランドの歴史にあるようです。ルイ・ヴィトンは元々フランスの小さな鞄専門店が発祥です。この会社は小さいながらも当時から地元では大人気で、とても高い制作技術を持っていました。ルイ・ヴィトンのバッグは高い耐久性だけでなく、デザイン性や機能性、実用性のすべてを備えた優れものです。また、コピー商品の乱発を防ぐためにヴィトンが生み出したのが今では代表的な柄となっているモノグラムです。商品のクオリティに加え、こうしたブランドの希少性維持に努める姿勢もヴィトンが評価され続ける理由のひとつです。ヴィトンといえば今でもバッグが代表的なアイテムですが、それにはこのような理由があったのです。

小物だけではない!洋服にも注目!

ブランド品を売ろうと考える女性

ルイ・ヴィトンといえばどうしても真っ先にバッグや小物を思い浮かべてしまいますが、洋服も高い評価を受けているブランドです。ヴィトンの洋服の特徴は常に時代の流れに沿ったデザインを追求しているところでしょう。例えば、1998年にヴィトンは当時革新的なデザインを世に出し続けていたマークジェイコブスをアートディレクターとして起用します。これによってヴィトンのファッションは世に広く認知されるようになりました。他にも、流行に敏感な若者をとらえるためにファレルウィリアムズなどのストリート系のデザイナーを起用するなど、常に進化し続けるファッションブランドであるといえます。また、ハイブランドとしては手の届きやすい価格帯であることも人気を獲得している理由のひとつです。


ブランド品の中でも特に値崩れしない

主力アイテムのバッグだけではなく、洋服も根強い人気を獲得しているヴィトン。このブランドのもうひとつの大きな特徴は、値崩れのしにくさです。ブランド品であったとしても、数年前のモデルや中古品はどうしても定価を大きく割り込んでしまいます。しかし、ヴィトンの場合は日本だけでなく、世界中で大きな人気を獲得しているため、数年前のモデルであったとしても高く売れやすい傾向にあるのです。これは常に高い需要を獲得し続けているブランドだからこそのメリットだといえるでしょう。手もとに不要なヴィトン製品が眠っている場合は、買取の査定などを行ってみると想像以上の値が付くことがあるかもしれません。