ブランド品としてファッション界で確固たる地位を築いているシャネル。創業者のココ・シャネルのイニシャルを表した「C」をふたつ重ねたロゴマークは服だけでなく、バッグなどのアクセサリー、香水、時計、化粧品などの商品は世界中の人々に愛されています。多くの人を魅了するシャネルの洋服についての魅力を紹介します。

   

従来の女性ファッションのイメージを塗り替える!創業者ココ・シャネルとは

シャネル創業者であるココ・シャネルは、1910年にパリに自身がデザインした「シャネル・モード」という帽子専門店を開店します。洋服や化粧品、香水のイメージの強いシャネルですが、最初に販売した商品は帽子だったのです。そして、1913年にブティック専門店を開店、さらに1915年「メゾン・ド・クチュール」という店名のお店を開店します。そこはオートクチュールの服飾を販売する店で、ココは服飾デザイナーとしてのデビューを果たしました。創業から100年近く経過しても、今なお世界中の有名人、セレブたちに愛されているブランド品としてのシャネルの洋服はここからスタートしたのです。そして、ココは以前からひとつの疑問を持っていました。「なぜ女性の服装はきゅうくつなものなのか」という疑問です。その当時の女性の服装は、がちがちに固くしたコルセットをまとったもので、それによって腰が引き締まり、見た目は美しくなりますが機能性がなく、女性の日々の生活は楽に過ごせない状況でした。女性はきゅうくつな服を常に身にまとい、当時は男性上位時代だったので、女性が社会に進出して率先するような時代ではありませんでした。「女性というものは常に美しくなくてはならない」「女性は美しくあれば、それだけでいい」という風潮が社会に蔓延し、女性は常に着心地の悪い服を着て、身体的だけでなく精神的にもきゅうくつな生活を送っているという状況に置かれていることが、ココにとっては不思議でなりませんでした。

自由な発想で斬新な服を次々にデザイン!

雨の日の散歩

このような時代背景を打破したのが、ココでした。まず、ココは女性を常に縛りつけているコルセットをはずすことを提案し、従来は紳士服として使用されていた服の仕立て方法をベースに、見た目は美しいが動きにくいコルセットとは逆の考えになる、機能性を重視した服をデザインしました。それは、スポーツウェアとして使用されていたジャージ素材をふんだんに使用した服飾デザインでした。そして1916年、記念すべき第1回目の「シャネル・オートクチュール・コレクション」を発表します。今までの女性の服にないジャージ素材を使った、機能性に優れているうえ着心地がよく、シンプルでありながら洗練された優れたデザインは、服飾の世界のみならず、社会的にもインパクトを与えました。ココの自由な発想は、それまで喪服としてしか使用されていなかった色である黒を大々的に使った女性服、それまで男性服であったパンツを女性の服としてデザインと、それまでの常識をくつがえすデザインを次々と生み出しました。ココのデザインした服により、女性がコルセットから解放されることは、服だけでなく精神的な解放も意味していました。「窮屈な生活を送らなくていい、もっと自由に生きていい」ココ・シャネルがデザインした服には、このようなメッセージが込められているといえるでしょう。


日本でもシャネル愛好家は多い!家にある使用してないシャネルはどうする?

1971年にココ・シャネルは亡くなりましたが、今なおシャネルのブランド品は世界中の女性たちを魅了しています。その人気は当然のことながら日本でも例外ではなく、多くの女性がシャネルを愛用しています。しかし、シャネルが好きなあまりに多くのシャネルブランドを購入してしまい、今では使用していない商品が家に溢れている女性も少なくありません。そのような時は、捨てるのではなく買取サービス店のご利用をおすすめします。人気ブランドのシャネルの買取なので、決して安くはない値段で買取してくれることでしょう。