寒くなってくるとコートが手放せなくなりますよね。どんな服にも合わせやすいようにと、黒やグレーなど地味な色を選ぶ人が多いでしょう。冬のお出かけに欠かせないコートですが、シンプルなものでも着方次第でおしゃれに見せることができます。今回は、シンプルなコートをおしゃれに着るコツをいくつかご紹介します。

ブローチをつける

無地で地味な色のコートには華がありません。そこでキラキラとしたブローチを1つつけてみましょう。なるべく目立つように、スワロフスキーなど輝きが強いものを選ぶことをおすすめします。つける場所は、首まわりや胸元が良いでしょう。なるべく顔に近い部分につければ、顔まわりがぐっと華やぎます。ちょうどコートを着る季節にあたるクリスマスにはクリスマスリースやサンタのブローチをつけると季節感が出ておすすめです。黒やグレーのコートには赤や緑が美しく映えます。デートのコーディネートなど、女性らしさを出したいのならポインセチアなど冬の花をモチーフにしたものはいかがでしょうか。クリスマスが終わればお正月ですので赤や白のおめでたい色がふさわしいでしょう。赤と緑と同様に、赤白も黒やグレーによく映えます。いつもコートを着ると地味に見られがちな人は試す価値ありです。キラキラしたものを身につけると表情も明るく見えるので、より魅力的に見えることでしょう。

襟を立てて着る

コートの襟を立てるか立てないかでもコートを着た際の表情は変わって見えます。襟を立てるとかっこいい感じになるので、いつも可愛らしい感じの着こなしをしている人が襟を立てて着るとギャップを出すことができます。襟を立てて着る場合に重要なポイントとなるのは襟の形です。襟は丸襟より角のある襟の方がキリッとした感じが出るので着こなしにふさわしいです。とりわけシンプルなトレンチコートは襟を立てて着るととてもかっこいいです。いつもコートの襟を寝かせて来ている人は、この冬は襟を立ててちょっと違った着こなしを楽しんでみませんか。かっこいい感じの着こなしになるので、パンツコーデによく合います。冬は寒いのでミニスカートよりパンツを履くという人も多いのではないでしょうか。スキニーデニムなどのパンツを履いた日にはぜひやってみてください。


ベルトの巻き方を変える

トレンチコートのベルトは巻き方によってちょっと違った着こなしを楽しめます。もっとも女性らしいのはリボン結びですが、かっこいい感じにしたいならニューヨーカー巻きにすると良いでしょう。片端でひとつ輪を作る結び方で、モードの発信地でもあるニューヨークの人のコートのベルトの巻き方にちなんでいます。ニューヨーカー巻きという言葉、少しおしゃれな響きがしませんか。リボン結びは輪が二つですが、ニューヨーカー巻きは一つだけなのであまり可愛らしい感じはしません。しかし、大人っぽく、かっこ良く見えます。可愛らしい感じも良いですが、時にはおしゃれなニューヨークの人に倣って違った巻き方をしてみてはいかがでしょうか。つま先がとんがったヒールを履いた時などの大人っぽいコーディネートをした時には、大人な女性らしさが出るニューヨーカー巻きをおすすめします。