ジャケットといっても、休日のカジュアルコーデ向きのものから出勤に使えるものまでさまざまです。今回はカジュアルなものからフォーマルなものまでひとつ持っておくとよいジャケットをいくつかご紹介します。

デニムジャケット

カジュアルの定番とも言えるジャケットです。ジャージー素材のロングスカートやコットンパンツ、コーデュロイのミニスカートなど、どんなボトムスとも相性が良いのが魅力です。平日はスーツでかっちりとしていた格好でも、休日はラフな格好をしたいとい人も少なからずいるのではないでしょうか。休日のお出かけの時にデニムジャケットを羽織れば一気にラフな感じになるのでおすすめです。また、ジャケットの下に着るものを工夫すれば可愛らしくもボーイッシュにも着られます。具体的には、レースのついたブラウスを着れば女性らしいコーデになりますし、チェックやストライプ柄のシャツだとメンズライクになります。このように同じ一着でも下に着るものによって様々な着こなしができるので、オシャレ好きな人なら一着は持っておきたいジャケットといえるでしょう。さらに、生地に厚みがあるので肌寒い春先や秋口のちょっとした羽織ものに活躍します。

ライダースジャケット

デニムジャケット同様に春先や秋口の羽織ものに活躍するカジュアルなジャケットですが、子供が着ているイメージがあまりないせいか、デニムジャケットよりもグッと大人っぽい印象になります。そのため、ちょっと大人なコーディネートにしたいというときにおすすめの一着です。牛革など本革のものは人工革よりもだいぶ値段は張りますが、着るたびにだんだんと味が出てくるので何年も着ているうちに愛着が湧くでしょう。ボーナスを使って一生ものの一着としてゲットするのもありです。そこまで着るものにお金をかけていられない、質よりも値段重視だという人はザラやエイチアンドエムなどの海外ファストブランドで買うという手もあります。お店によく並んでいる定番の黒はどんな服にも合わせやすいですよ。キャメルやブラウンは黒よりもやさしい色使いですので、女性らしさを出したい時にはこれらの色を選んでみてはいかがでしょう。


テーラードジャケット

スーツの上着のようなジャケットです。オフィスカジュアルを導入している職場もありますが、デニムジャケットがOKのところもあれば、上着はブラウスにフォーマルなジャケットなどスーツに近い感じのところまでいろいろです。しかし、転職などで出勤日初日は悩むところではないでしょうか。テーラードジャケットを羽織ればきちんとした格好に見えますので、オフィスカジュアルに困ったら一着持っておくと便利です。普段はゆるめのオフィスカジュアルの場合でも、取引先との面会や会議ではきちんとした格好が求められます。会社のロッカーに一着忍ばせておけば、急に午後から会議が入ったなど、いざというときにも使えます。ジャケットの色ですが、オフィスカジュアルでは地味な色が好まれる傾向にあるようですので、ネイビーやグレーなどどんなブラウスやパンツにも合わせやすい色がおすすめです。デザインは襟に丸みがあるものを選ぶと女性らしさが出ます。