美しい輝きを放つ宝石は現代のみならず、古くから人類に装飾品として愛されてきました。まさに自然が作り出す芸術というにふさわしいでしょう。そんな希少価値の高い宝石には品質などを保証する鑑定書というものが付いてきますが、この鑑定書を発行する機関はいくつかあります。ここでは、宝石を持っているなら知っておきたい宝石の研究機関についてご紹介します。

アメリカ宝石学協会とは

アメリカ宝石学協会は、正式名称をジェモロジカル・インスティテュート・オブ・アメリカ、通称GIAと表記されるアメリカの宝石研究機関です。GIAでは宝石の鑑定評価以外にも宝石学の教育機関としての役割も果たしており、専門知識を習得したものはアメリカのみならず世界中で宝石の査定員として活躍する道が開かれています。ダイヤモンドの国際的な評価基準である4Cは日本でもなじみ深いですが、この評価基準を定めたのもGIAです。宝石を購入する際には、宝石が本物であるかはもとより、品質と価格が釣り合っているかという点が非常に重要になってきます。購入の際に安心を得るためにもGIAの鑑定評価書は重要ということです。

全国宝石学協会とは

全国宝石学協会は日本の宝石研究機関です。日本では最大の宝石鑑定機関で、日本の宝石店に並んでいる宝石の多くは全国宝石学協会の鑑定を受けているものです。海外の工場などで研磨やカッティングされたダイヤモンドは日本に輸入されて宝石店の店頭に並ぶ際に、鑑定評価書なしで並ぶことはほとんどありえず、店側にとっても顧客側にとっても安心な取引をするために非常に重要なものとなります。そのために日本において国際的な評価基準に照らした鑑定が行われますが、この評価を行うのが全国宝石学協会です。GIAの日本版といったところで、全国宝石学協会も世界最大の宝石研究機関であるGIAの評価基準を採用しています。鑑定機関の評価ひとつでグレードが大幅に変わり、それによって価格は数十万単位で変わってきてしまいますので、日本の宝石価格に関しては非常に強い影響力を持っていることが分かります。


中央宝石研究所とは

中央宝石研究所は通称CGLと呼ばれる日本の宝石鑑定機関です。歴史的にはここで取り上げた3つの研究機関の中でももっとも浅く、1970年の高度経済成長期に創立された期間です。鑑定や鑑別はもちろんのこと、独自のサービスも多く取り揃えている機関になります。例えば、ダイヤモンドスパークと呼ばれる特殊な条件下のみで観察されるダイヤモンドの輝きを鑑定書などと同じくレポート化してもらうことができます。このダイヤモンドスパークの素晴らしいところは、国際的な評価基準である4Cでの評価は記号や専門用語が多く、一見すると、素人には理解しにくいのに対し、ダイヤモンドの光の輝きを視覚化しているため、誰が見てもダイヤモンドの品質やクオリティを判断できるところにあります。他にもレーザーを用いた鑑定やツインダイヤモンドと呼ばれるひとつの原石から採取された石であることを証明する技術など、独自の技術を数多くそろえています。日本にある研究機関の中では最先端技術を多くそろえた機関といえそうです。世界的に愛されている宝石ですが、その中でも日本に眠るジュエリーは特に品質がいいといわれており、中国などの中心とするアジア圏のバイヤーからは非常に高い人気があります。サイズが合わなくなって付けなくなってしまったものや、デザインが古臭くて付けられていないものは買取に出すことで思わぬ高額査定が付く可能性も十分にあります。身に付けていない宝石類を持っているのであれば、ぜひ一度査定に出してみるといいでしょう。