ダイヤモンドは高価なものだけに購入には慎重になりたいところですが、どんなことに気を付けて買えば良いのでしょうか。基準となるのが鑑定書と鑑別書です。勘違いしやすいこの2つについて簡単にご説明します。

ダイヤモンドだけに発行される「鑑定書」

宝石を購入したときについてくるのが「鑑定書」や「鑑別書」です。さらに「保証書」などもあるので、それぞれの違いが分かりにくいかもしれません。鑑定書とは、ダイヤモンドの性質やどのような研磨がほどこされているか、どのランクに位置づけられるものかが記載されています。ダイヤモンド・グレーティング・レポートとも呼ばれることからも分かるように、ダイヤモンドだけに発行される証明書です。鑑定書が付いているから高価というわけではなく、あくまでもダイヤモンドの良し悪しを判断する4Cを表しています。

「鑑定書」で分かること

鑑定書に記載される4Cとはカラー(色)、クラリティー(透明度)、カット(形状)、カラット(重量)のことを表しています。カラーでは無色のほど評価が高く、黄茶色がかるほど評価は下がります。カラー・ダイヤモンドの場合は黄色味とは異なったグレードで判断しています。クラリティーではダイヤモンドの内部や表面上の傷や内包物の状態を表します。大きさや性質、数、反射や色といった項目からグレードが決まります。傷や内包物がないほど高評価となります。カットでは研磨されたダイヤモンドの外形とファセットの配列が記されます。様々な形とカット方法があり、その形状と仕上げ具合が分かります。カラットではデジタル電子量計で1カラットの1,000分の1まで測定されます。1カラットは0.2グラムです。こうした基本項目のほかに詳細な寸法やクラリティーを可視化するために内包物の様子や特徴を図解することもあります。盗難に遭った時など同一物であることの証明にもなります。


「鑑別書」は発行機関が重要

鑑定書と混同されがちな鑑別書はどういうものでしょう。鑑別書とは、その宝石が天然の鉱物かそうでないのかを表すものです。一般的には本物か偽物かを証明するためについているものですが、天然でない場合はその詳細が記されています。本物の鉱石ではあるものの加熱加工したり、色を加えたりという処理がなされる場合があり、そうした状態についても記載されます。また、保証書というのは販売したお店がその内容や価格に対して保証をするだけの書類です。 鑑定書や鑑別書はどこの機関が発行しているかが重要です。鑑定書や鑑別書は一般的に評価が高い期間が発行しているものかどうか確認しましょう。発行しているのは国などの公的機関ではなく民間団体です。国家資格も設けられておらず、民間資格を有する鑑定士が顕微鏡や検査機器、肉眼で鑑定や鑑別をしているのです。だからこそ団体によって信頼性が異なります。日本の場合は社団法人宝石鑑別団体協議会に所属していることが1つの信頼基準となります。代表的な鑑定鑑別機関は次の3つです。業界国内最大手の鑑定鑑別機関の「中央宝石研究所」は無色のダイヤモンド鑑定が得意です。カラーダイヤの鑑定に詳しいのが「AGTジェムラボラトリー」です。「真珠科学研究所」は鑑別だけではなく、クリーニングも行います。お手持ちの宝石の鑑定書や鑑別書があるなら一度見直してみてください。鑑定書や鑑別書がつくような良いものであれば手放すときも高い買取価格が期待できます。出張買取なら手軽に現金に替えることができます。