宝石の硬さについて語られるとき、よく耳にするのが「ダイヤモンドは最も硬い石である」という言葉ではないでしょうか。ダイヤモンドの硬さとはどのように計測されたものなのか、宝石やパワーストーンの硬さとはどのようなものなのか詳しく紐解いていきましょう。

宝石や鉱物の硬さの指標、モース硬度

宝石の硬さを表す数値としてよく目にするのが「モース硬度」です。これは1812年にドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された鉱物の硬さの尺度の一つです。ここでいう「硬さ」とは物質と物質をこすり合わせたときの傷のつきにくさを表しており、物がぶつかり合ったときの衝撃に強いか弱いかを表しているものではないことに注意が必要です。モース硬度には10段階の硬度があり、それぞれの値の標準物質を試料として、対象となる物質と試料物質をこすり合わせたときに傷がつくかどうかで硬さを判定します。硬度ごとの代表的な鉱物をあげると、モース硬度1:滑石、2:石膏、3:大理石、4:マラカイト、5:アパタイト、6:オパール、7:アメジスト、8:エメラルド、9:ルビー、10:ダイヤモンドなどとなっています。現在、この世の中に存在する化学物質のなかでもっともモース硬度が高いのはダイヤモンドです。

叩けばダイヤも割れる…靭性と硬度は別物

モース硬度の高いダイヤモンドでもハンマーなどで強い衝撃を与えれば割れてしまいます。そのような衝撃にたいする物質の強さは靭性(じんせい)と呼ばれるもので、硬度とは別のものです。靭性の数値の高い物質は割れや欠けに強く、粘り強さがあります。一般的な宝石の靭性を見ると、翡翠やルビー、サファイヤが靭性8、次にダイヤモンド、水晶、アクアマリンなどが7、ペリドットが6、エメラルドが5.5、トパーズ、ムーンストーンが5などとなっています。モース硬度がもっとも高いダイヤモンドも、靭性の数値では翡翠やルビーよりも弱いことがわかります。アクセサリーとして通常の使い方をしていれば問題は起きにくいのですが、靭性が低く割れやすい宝石は特に強い衝撃を与えないように注意するとよいでしょう。


宝石の硬度をよく理解して、最適なお手入れと保存を

宝石をあしらったジュエリーを長く美しい状態に保ちたい場合、身に着けているときに注意する以上にきちんとした保管方法をとることが大切です。アクセサリーを保管する際、宝石同士がすれ合うような置き方をしていると表面に傷が入ってしまうおそれがあります。モース硬度が高いダイヤモンドでも、同じ硬度のダイヤモンド同士がこすり合わされば擦り傷がついてしまうのです。ですから、旅行先などでアクセサリーを持ち歩くときでも、小さなポーチにいくつもアクセサリーを入れたりせず、きちんと一種類ずつ保護した形で収納しましょう。また、モース硬度が7よりも低い宝石は空気中のホコリやチリが付着してこすれることでも傷がつく可能性がありますから、充分な注意と定期的なクリーニングが必要です。普段あまり気にすることのない宝石の硬度ですが、硬度と取扱法を少し意識してみるとお気に入りのジュエリーをより長く美しく保つことができるかもしれません。