宝石を購入すると鑑別書がついてくる場合があります。その宝石の種類や加工処理の有無などを証明するのに欠かせない書類です。しかし、宝石に詳しくない人が鑑別書を読んでも意味がよく分からないというケースも少なくないでしょう。そこで、鑑別書の基本的な読み方についてご説明します。

鑑別書で重要なのは宝石名と開示コメント

鑑別書には色々な項目がありますが、その中で最も重要なのは宝石名です。鑑別の結果、どのような宝石だったのかが記されており、そこに、ルビーと書かれていれば、それはガラスなどの模造品ではなく、本物のルビーであるという証明になります。次に大切なのは開示コメントです。宝石に着色や加熱などの人為的な処理がなされていればその旨が記されます。例えば、カラーダイヤモンドは色によって非常に希少性の高いものがありますが、鑑別書に着色処理と書かれていれば天然の色でないことを意味しているので注意が必要です。他にも、人為的な処理には、放射線やガンマ線を照射して発色をよくする放射線処理や2種類以上の鉱物を混ぜて樹脂コーティングを施す含浸処理などがあります。しかし、宝石を実際より高価に見せる処理技術も日進月歩で進歩しており、鑑別が困難なケースも存在します。そこで重要になるのが、鑑別機関の信頼性です。実績のある鑑別機関が検査したものならそれだけ信頼度も高くなります。鑑別機関の名前は、鑑別書の右下に明記してあるので確認することが可能です。

外見と鑑別テスト

鑑別書の宝石名と開示コメント以外の項目は、大きく分けて外見と鑑別テストに分かれます。まず、外見には『透明度と色』『カットの形式』『重量』『寸法』などがあります。カットの形式というのは、原石から宝石へと加工する際に、どのような形状に研磨されたかということです。カットは、原石をなるべく大きく使用でき、最大限の輝きを放つ形状を選択します。代表的なものには、ダイヤモンドのラウンド・ブリリアン・カットやエメラルドのエメラルド・カットなどがあります。また、重量はカラット(ct)の単位で表示されており、1カラットは02グラムです。さらに、寸法は縦×横×長さがそれぞれ100分の1ミリまで記載されています。一方、鑑別テストは宝石名を特定するために行ったテストの結果を記載しています。主なテストは、屈折率、比重、偏光率、多色性、蛍光性、分光性、拡大検査などです。それぞれの検査において宝石は特定の値を示すため、種類が特定できるというわけですが、その中で最も重要なのは屈折率です。屈折率の値が分かればたいていの宝石は識別できます。


似ているようで違う!鑑別書と鑑定書

鑑別書とよく混同されるものに鑑定書があります。鑑別書と鑑定書では一体何が違うのでしょうか。まず、鑑別書はそれがなんという名前の宝石で、人工的な処理を施されているか否かを記載したものです。ただ、鑑別書は本物の宝石であるという証明にはなりますが、質の高い宝石であることを保証するものではありません。一方、鑑定書は天然のダイヤモンドに対してだけ発行されます。ルビーの鑑定書やエメラルドの鑑定書などは存在しないのです。鑑定書には天然ダイヤモンドの4Cの評価について記載されています。4Cとは『カラー』、『カット』『カラット』、『クラリティ(透明度)』のことで、それらが分かればある程度の品質保証になります。つまり、鑑別書は宝石全般の真偽を保証するものであり、鑑定書は天然ダイヤモンドの品質を保証するものなのです。気になるのは、買取りに出す時に鑑別書や鑑定書が必要かどうかですが、たいていのお店は鑑定の専門家がいるので鑑別書や鑑定書がなくても査定はしてもらえます。しかし、書類が揃っていれば査定額がアップする場合もあるので、購入の際にそれらがついていれば大切に保管しておいた方がよいでしょう。