1月から12月まで、生まれ月によって定められている誕生石。誕生日のプレゼントに誕生石をあしらったアクセサリーを贈られた人も多いのではないでしょうか。現在は日本でも広く普及している誕生石とは具体的にはどういったものなのでしょうか。なりたちや意味についてご紹介します。

                          

旧約聖書や占星術が起源?誕生石のなりたち

誕生石の起源については諸説あり、聖書や占星術にそのルーツがあるとされています。旧約聖書の出エジプト記には、主がモーセの兄である大司祭アロンのために12種類の宝石のついた「裁きの胸当て」を作るように命じたという記述があります。また、新約聖書のヨハネ黙示録には預言された神の都、新エルサレムの城壁の土台に12種類の宝石が飾られていたと記されています。昔の宝石の呼び名は現在と違って赤いものはひとまとめにルビー、青いものはサファイアなど大きなくくりで呼ばれていた時期もあることから、これら12種類の宝石が何であったかについては諸説あります。誕生石の起源がこれらの聖書に登場する特別な12種類の宝石にちなんだものであるという説のほか、占星術がルーツであるという説もあります。占星術では12星座それぞれに支配星と呼ばれる惑星が定められており、該当する星座の時期に生まれた人に強い影響を及ぼすとされています。自分の支配星を象徴する色の宝石を身に着けて、支配星のパワーを味方につけようという考え方が誕生石の一つのベースになっているとも考えられます。

国や時期よっても異なる誕生石

現在、世の中で広く認知されている誕生石は1912年にアメリカの宝石商組合で定められたものがベースになっています。誕生石を月ごとに統一し、宝石の販売をさらに拡大しようという宝石商たちのアイデアから定められたものでした。日本ではこのアメリカの誕生石をもとに、1958年に全国宝石卸商協同組合によって日本版の誕生石が制定されています。アメリカの誕生石をもとにしているため1月ガーネット、2月アメシスト、3月アクアマリン、4月ダイヤモンド、5月エメラルド、6月真珠、7月ルビー、8月サードニックス、9月サファイア、10月オパール、11月トパーズ、12月ターコイズが基本形ですが、1958年の日本版では3月に珊瑚、5月に翡翠を追加されています。また、最近では6月にムーンストーン、8月にペリドット、11月にシトリンが用いられるなど、宝石の流通量や価格との関係から時代によって少しずつ変化しています。


石言葉や月替わり…誕生石の楽しみ方あれこれ

生まれた月の石を持つのが一般的な誕生石ですが、宝石が好きな人ならば月ごとの誕生石をあしらったアクセサリーを毎月付け替えるという楽しみ方もおすすめです。占星術に由来する誕生石の考え方にならえば、月ごとの誕生石はその時期もっとも影響力の大きい支配星を象徴しているものですから、お守りとして身に着けるのにもピッタリです。また、プレゼントとして宝石を贈る場合などは誕生石のアクセサリーはすでに本人が持っているケースも多いため、誕生石の石言葉を参考にして自分の気持ちに合ったものを贈るという方法もあります。誕生石の石言葉にも複数の意味がありますが、一般的な例としてガーネット「友愛」、アメシスト「心の平和」、アクアマリン「聡明」、ダイヤモンド「清純無垢」、エメラルド「幸運」、真珠「健康」、ルビー「愛」、サードニックス「夫婦の幸福」、サファイア「誠実」、オパール「希望」、トパーズ「友情」、ターコイズ「成功」などが挙げられます。誕生石の由来や意味を取り入れつつ、自分なりに宝石を楽しむアクセントにするとよいでしょう。