結婚指輪は2人の愛情の証。いつも身につけているので、ケースの必要性は感じないという方が多いかもしれません。また、結婚指輪のお手入れを特にしていない方もいるのではないでしょうか。しかし、結婚指輪をよい状態に保つためには、正しい保管やお手入れを行うことがポイントになります。ここでは、結婚指輪の適切な保管やお手入れの方法についてご紹介します。

使うたびにこまめなお手入れを

結婚指輪は身につけているうちに水に触れたり、汚れが付いたりするものです。特に、皮脂や化粧品などの汚れをそのままにしておくと落ちにくくなることがあります。きれいな状態を保つためには、外すたびにこまめにお手入れをしておきましょう。基本となるお手入れは、指輪を外したら柔らかい乾いた布でふき取ることです。ダイヤモンドやプラチナ、ゴールドの場合、汚れが気になるときには、ぬるま湯の中に中性洗剤を入れた溶液をつくり、指輪を入れて歯ブラシで優しく汚れを落とすこともできます。水洗いは素材によって適さないものもありますので、お手入れに不安を感じたときには宝石店のクリーニングサービスを利用すると安心です。宝石店ではお手入れのアドバイスを受けることもできますので、アフターサービスやクリーニングキャンペーンなどの機会を積極的に活用するとよいでしょう。

結婚指輪のケースを利用するメリット

いつも結婚指輪を身につけている方でも、食器を洗ったり入浴したりするタイミングで外すことがあるのではないでしょうか。指輪を外してどこかに置いておくと、うっかり紛失してしまうことがあります。また、硬いところに置くと結婚指輪に傷がついてしまう恐れがありますし、他のものと重なってこすれる可能性も出てきます。そのため、少し手間がかかっても結婚指輪を外したときにはケースに入れておくとよいでしょう。ケースは購入したときのものでもよいですし、外出する機会の多い方であれば小ぶりの携帯用ケースを用意するのもよいです。外しているときに結婚指輪を飾っておきたい方には、リングスタンドがおすすめです。部屋の決まった位置に置いておけば、紛失する心配がありませんし、見た目もオシャレです。


定期的なメンテナンスと気を付けたいこと

サイズが合わなくなったり、つけたり外したりが面倒になったりして結婚指輪をケースの中で保管している方も多いかもしれません。そんなときには、定期的に結婚指輪のメンテナンスを行いましょう。ケースのふたをずっと閉じておくと、湿気がケースの中にこもることがあります。時々ふたをあけて指輪を出し、柔らかい布で拭いておくと湿気が逃げ、よい状態が保てます。手入れのたびに、ケースの中に乾燥剤を入れておくとよいでしょう。結婚指輪に気になる変化があるときには、宝石店に相談すると安心です。また、結婚指輪を保管するときには保証書も一緒に保管しておきましょう。保証書があれば宝石店で相談するときにも便利ですし、万が一、結婚指輪を売却することになったときにも価値を証明できます。結婚指輪を買取査定に出す際には、結婚指輪のほか、保証書と購入したときのケースや箱が揃っていると査定額がアップします。付属品や箱も含めて捨てずにしっかり保管しておきましょう。