一生の愛を誓い合った2人の指に光る結婚指輪。毎日身に着けるものなのでこだわる方も多いといいます。そんな結婚指輪にはさまざまなブランドがありますが、どんなものが人気なのでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪のちがいは?

男性が女性にプロポーズをするときなどに婚約の証としてプレゼントするのが婚約指輪です。1カ月の給料にちょっと足したくらいの金額が一般的で、20万~40万円といわれています。1つで数十万円という金額なので、ダイヤモンドなどの宝石が付いているゴージャスなものが主流です。一方、結婚指輪は結婚式で2人の結婚の証としてお互いが指にはめ合うペアリングです。基本的に毎日指に着けているものなので、違和感のないシンプルなデザインが選ばれることが多いです。金額もペアで10~30万円が相場といわれているので、婚約指輪と比べると若干低い金額なのですが、シンプルで毎日身に着けるものだからこそデザインやブランドにこだわる方も多いのです。

結婚指輪で人気のブランドは?

結婚指輪はさまざまなブランドから出ていますが、その中の一つは「ティファニー」です。指輪以外にもネックレスやピアスなどでも人気があるブランドです。種類が豊富でブランドの中では価格も良心的なので、気兼ねなく日常使いできるのも人気の理由の一つかもしれません。もう一つは「カルティエ」です。宝石商の王と称されるブランドで、一つは持ちたいと憧れている方も多いのではないでしょうか。華やかなイメージですが、シンプルなデザインも多いので毎日さりげなく付けられます。さらに、「ブルガリ」も人気があります。高度な技術をもつ職人が一つ一つ丁寧に作り上げるので、全てのリングが一点物という贅沢な指輪です。一生に一度の結婚式でそんな貴重な指輪を贈りあえたら二人の愛も深まりそうですよね。シンプルさで選ぶなら「4℃」も人気です。高品質でシンプルなデザインが多い4℃ですが、細部まで計算されつくしたデザインのリングや、人気キャラクターをさりげなくあしらったデザインで女性から人気があります。ブライダル専門店もあるので2人にピッタリな結婚指輪を選べます。


結婚指輪は毎日付けないといけないの?

結婚の証としてはめる結婚指輪ですが、中には仕事柄アクセサリーをつけられなかったり、サイズが合わなくなったりして毎日つけることがないという方もいるようです。結婚し年月を経て2人の絆が確固たるものになれば、指輪を毎日することにこだわらなくなるのかもしれません。さらに、一度は永遠の愛を誓っても別れてしまうケースもあるので、必ずしも結婚指輪を一生毎日身につけなくてはいけないという事ではないようです。万が一、もう身につけることはないだろという指輪がある場合は、ブランド品の買い取りをしているお店に買い取ってもらうのも一つの手です。人気のあるブランド指輪は想像以上の高値で引き取ってもらえることがあります。サイズが合わなくなった場合でしたら、買い取りしてもらったお金で新たにサイズの合った指輪を購入することもできます。また、日常的に指輪として身につけるのが難しい場合は、ネックレスなど指輪の代わりに他のアクセサリーを身につけるということもできます。