日常的に着用する結婚指輪と異なり、素材やデザイン性にこだわれるのが婚約指輪。

オーダーメイドの場合、オリジナリティの高い価値ある婚約指輪を作ることができます。

婚約指輪のオーダーメイドにまつわるポイントをご紹介します。


婚約指輪の予算の相場

かつては給料3カ月分と言われた婚約指輪ですが、最近では20〜40万円前後が平均となっています。結婚指輪や結婚式の予算との兼ね合いもあるため、婚約指輪にはあまり大きな出費をしない傾向があります。オーダーメイドの場合は、セミオーダーかフルオーダーかで価格帯が異なります。あらかじめサンプルとして挙げられているパターンの中からデザインや石を組み合わせるセミオーダーの場合は、20万円前後で用意することができます。既製品に比べて選択の幅が広く、ある程度のオリジナリティを出せることがセミオーダーのメリットです。一方で、素材や石、デザインなどすべてをオリジナルで作っていくフルオーダーの場合は、30?40万円程度で高いクオリティの指輪を用意できます。婚約指輪の価格には、オーダーメイドかどうかに加え、使用する素材や石などの価格も影響します。素材や石にこだわる代わりに既製品を選ぶか、すべてにこだわりたいのでフルオーダーにするかなど、予算や好みと相談しながら検討することになります。


相手の指輪のサイズを知る方法

プロポーズの後、2人で一緒に指輪を選ぶ場合は、店頭でサイズを測ってもらうことができます。しかし、プロポーズをサプライズで行う計画があり、事前に指輪を用意しなければならない場合、相手に気づかれずにサイズを知っておく必要があります。指輪のサイズを知る方法として確実なのは、まずさりげなく尋ねてみること、相手の指輪を自分の指にはめてみるなどの方法があります。相手の指輪をはめてみて、自分の指のどの辺りまで届くかを調べれば、それに合わせて指輪のサイズを把握することができます。また、相手が寝ている間に糸を指に巻き、糸が重なった部分に印をつけることでも、サイズを知ることが可能です。また、メーカーによってはサイズ直しに対応しているところもあるため、指輪選びの際にそれを条件にしておくことも一案です。


婚約指輪を贈るタイミングとは

一般的に婚約指輪を贈るタイミングは、プロポーズと同時のタイミングから、結納までの間といわれています。婚約指輪の受け渡しを2人のけじめの儀式としたい場合は、プロポーズの時や結納の席など、改まった場を選ぶことが多いでしょう。また自然体で贈りたい場合は、プロポーズ後に一緒に選び、できあがったら渡すという方法でも問題ありません。気をつけておきたいのは、結婚式以降は結婚指輪をはめることになるため、婚約指輪を贈る時期が遅いと、婚約指輪をはめる期間が短くなってしまうことです。オーダーメイドの場合、セミオーダーは1〜2カ月、フルオーダーの場合は3?4カ月の納期を要します。長い場合は半年ほどかかってしまう場合もあるため、プロポーズや結婚式の日取りから逆算して婚約指輪をオーダーすることになります。このように予算とサイズ、タイミングの3点が、婚約指輪にとって重要なポイントなのです。