パライバトルマリンはトルマリンの一種ですが、個性的で美しいネオンブルーの色彩と希少性の高さから大変人気の高い宝石となっています。ここでは、パライバトルマリンの美しさの秘密や生産地、品質の見分け方について解説いたします。

パライバトルマリンの美しさの秘密とは?

パライバトルマリンは、一般的に「地球の青」や「南国の海の色」と形容されている美しい宝石です。鮮やかで綺麗なネオンブルーの色彩が魅力のパライバトルマリンは、多くの宝石愛好家から人気があります。独特のブルーとテリは、内包された高濃度の銅と酸化クロムによるものです。酸化クロムが強いとブルーが強くなり、銅が強い場合はグリーン系の色味が強くなります。鉱物学的にはトルマリンの一種ですが、その個性的で華やかな色彩が人気を呼び、供給が追いつかなくなるほどです。パライバトルマリンの原石は小さく細かいものがほとんどのため、1カラットを超える大きさのパライバトルマリンは大変珍しいものです。パライバトルマリンは希少性の高い宝石としても有名で、大粒のパライバトルマリンとなるとかなりの高額で取引されています。宝石愛好家にとってパライバトルマリンは何としても手に入れたい宝石であることが多く、幻の宝石ともいわれています。

パライバトルマリンの生産地

パライバトルマリンは、ブラジルのパライバ州から採れるものが有名ですが、他にもナイジェリアやモザンビークなどでも産出されています。それぞれの産地によって色合いが微妙に異なるのも魅力の1つです。人によって好みの産地は異なるため、宝石愛好家は産地にまでこだわってパライバトルマリンを探すことも多いようです。ただ、パライバトルマリンは大変希少な宝石なので、かつては産出されていた土地でも現在は採れなくなっていることもあり、どの生産地のものでも非常に希少であることを忘れないようにしましょう。パライバトルマリンの産出状況からすると、今後も産出量は減少する可能性が高いといえます。人気が高い一方で供給が追いつかず、パライバトルマリンとの出会いは奇跡ともいわれています。良質のパライバトルマリンや大粒のパライバトルマリンとはなかなか出会えるものではありませんが、幸運にも出会うことができたなら、その出会いに感謝して購入してみるのも良いのかもしれません。


パライバトルマリンの品質の見分け方について

ネオンブルーといわれる個性的な色合いが特徴のパライバトルマリンは、第一に色の美しさを確かめると良いでしょう。パライバトルマリンの中でも透明度が高くテリが美しいものが最高級のパライバトルマリンとされています。内包物に関しては、酸化クロムと銅が混ざり合うことによってこの美しい色合いが出るため、ほとんどのパライバトルマリンは内包物が多めとなります。石の美観を損なうことがなければ特別気にすることはなく、石全体の美しさを重視することがポイントになります。また、大粒のパライバトルマリンは大変希少なので、なるべく大粒のものを選ぶと財産価値が高まるのでおすすめです。小粒でも希少性が高く、高値がつくことの多いパライバトルマリンなので、大粒であればあるほどその価値は劇的に高くなります。