毛皮を売りたいけれど、どこに売っていいのかわからない、というときには、毛皮専門の買い取り店を利用するといいです。 毛皮の買い取り専門店では、その品物によってプロの鑑定士がしっかりと査定をして、そのものにあった金額で買い取ってくれます。

着なくなった毛皮は買い取ってもらうことができます。鑑定士がいるお店なら安心して査定をしてもらうことができます。毛皮の専門的な知識をもった鑑定士がしっかりとひとつひとつ丁寧に査定をしてくれるので毛皮を売りたいという方にはおすすめです。リサイクルショップなどでも毛皮の買取をしてもらうことは可能ですが、リサイクルショップには専門的な知識を持ったスタッフがいないので、ネットなどの情報をもとに買い取られてしまうことになります。その場合、その品物がどんなによい状態であったとしてもネットの相場などが参考にされてしまうので、安い価格で買い取られてしまう可能性もあるといいます。

そのようなことがないように、しっかりとした査定をしてくれる鑑定士がいる毛皮の買い取り専門店を利用することをおすすめしています。何件もある毛皮買い取り専門店のなかから自分が納得できる査定金額を提示してくれるお店を探すといいです。

買い取り専門店へ持ち込むといい

毛皮には流行りがあるので、その時期を過ぎるとあまりその毛皮の品物を着なくなってしまった、という人もいます。そのような場合は、早めに毛皮の買い取り専門店へ持ち込むことをおすすめします。買取をしてくれる鑑定士の方は、専門的な知識をもったプロです。その品物がどのくらいの価値があるのか、また流行りなども考えてその品物に値段をつけてくれます。なので、早めにきれいな状態で毛皮を持ち込むことが大切です。

毛皮にはいろいろな品物があります。コートなどの服飾類はもちろん、ブーツやバッグ、帽子など、その時期に流行っているものを早めに持ち込むことで、買取金額が高くなることもあるといいます。できるだけきれいな状態のときに、流行のもの以外でも同じようにきれいな状態のものが高額査定を期待することができます。

買い取り専門店や持ち込むときには、毛皮をできるだけきれいな状態で持ち込むようにしておきます。そうすることで高額査定を期待することができますし、自分が納得できる金額で買い取ってもらうことができるようになります。あらかじめ、その買い取り専門店ではどのくらいの価格で毛皮を買い取っているのかを調べておくというのもいいです。

持ち込む前にお手入れをしておくようにする

毛皮を買い取ってもらうときには、持ち込む前にきれいな状態にしておくことをおすすめします。 お手入れの方法は、購入したお店のホームページなどに載っている場合もあるので、それを参考にしてみるといいです。

毛皮にはいろいろな品物がありますが、その品物に合った方法で行うことが大切です。ですが、基本のお手入れの方法は同じです。シーズン中以外のときにもお手入れを定期的に行うことで、品物をきれいな状態で保管しておくことができるようになります。

まず、ハンガーなどにかけて風通しのいい日陰で陰干しします。風を通すことで毛皮のなかに残っている汗やたばこ、香水などのにおいを取り除くことができます。もしこれでにおいを取り除くことができなかった場合は、専門のクリーニングに持ち込んでにおいを取り除いてもらうといいです。そうすることで毛皮ににおいをつけたままで保管をする必要がなくなります。

このお手入れ方法をしておくことで、毛皮を傷ませるようなこともなくなって、買い取ってもらうときには高額査定を期待することができるようになります。 シーズン中も着るたびにお手入れをしておくことできれいな状態を保つことができます。


ブラッシングをすることで毛並みを整える

毛皮のお手入れの方法はにおいを取り除く以外にもあります。

まず、専用のブラシで毛並みにそってブラッシングをします。毛並みにそってブラッシングをすることで、毛並みを整えることができますし、毛皮のなかに入ったほこりやごみなどを取り除くことができます。ごみやほこりをそのままにして保管してしまうと、カビや毛並みの乱れなどの原因になってしまうことがあります。そのようなことにならないためにも、きちんと着用したその日、また長期保管をするときにはしっかりとブラッシングをしておくようにします。

また、毛並みにそってブラッシングをすることで毛の一本一本をきれいにすることができます。ブラッシングをすることで、毛のなかに空気を入れることができるので、汗や香水、たばこなどのにおいを取り除くことが可能です。シーズン中以外の長期保管をしているときにも定期的に行うようにすると、品物をきれいな状態で保つことができるようになります。毛並みを整えるときにはゆっくりと逆立てたりしないようにしておくことが大切です。必ず毛並みにそってやさしく、丁寧にブラッシングをするようにします。 このブラッシングをしながら陰干しをしておくのもいいです。

鑑定士がいる買い取り専門店がいい

毛皮を買い取ってもらうときには買い取り専門店がおすすめだと先にも書きましたが、その理由は、鑑定士がいるお店でなければ、その品物の正しい価値にあった査定金額を提示してもらうことができないです。なので、サイトなどで鑑定士がいるかどうか、それからブログでもサイトでも、その鑑定士の実績や買い取りをしている様子を確認してみるといいです。それを確認することで鑑定士がいるそのお店を利用するのか、ということを考えることができます。

また、同じ鑑定士がいるお店でもその人によって持ち込まれた品物の査定金額には違いがあります。なので、何件かで仮の査定をしてもらうのもいいです。その査定金額を比較して買い取ってもらうお店を決めるというのもおすすめの方法です。買取価格はその鑑定士の人が相場などを考えながら、その品物にあった買取金額を決めてくれます。なので買取を希望している品物がいくつかあるときには必ず鑑定士がいるお店を選んで比較をしてから持ち込むようにしておくといいです。

自分が納得できる査定金額を提示してくれるお店を見つけることで、せっかくの品物を安い価格で買い取られてしまうようなこともなくなります。

毛皮を買取してもらうなら専門店がおすすめまとめ

着なくなった毛皮を買い取ってもらうときには、毛皮の買い取り専門店を利用するといいです。

自分が納得できる査定金額を提示してくれるお店に持ち込むことで、安心して査定をしてもらうことができます。また、鑑定士は買取実績があるしっかりとした人でなければいけないので、事前にしっかりと確認をしておくことが大切です。

毛皮を持ち込む前にしっかりとお手入れをしておくことで買取価格を少しアップさせることができる場合があります。買取価格をアップするためには、毛皮の状態がよいこと、購入したときに付属していたものがすべてそろっていること、それからその毛皮がブランドのものであれば、そのブランドのものであると証明することができる保証書などを一緒に持ち込むようにしておきます。

また、お手入れをしっかりとしてあることと、保管状態がよいことで、その毛皮の価値が保たれているということが査定の結果でわかれば買取金額をアップしてもらえる可能性があります。

買取をしてもらうときには、身分証明書などを忘れずに持ち込みます。 買い取り専門店を利用するときには、どのような方法で買い取ってもらうのかも決める必要があります。買取方法はいくつもありますが、自分の都合にあった方法で持ち込むことができるのがいいです。