着なくなった毛皮を処分したいけれど、どうしたらいいのかわからないという場合は、毛皮の買取専門店がおすすめです。

毛皮にはいろいろな種類のものがありますが、専門的な知識を持った査定員がいるお店を探して買い取ってもらうことができます。 毛皮の買取専門店はたくさんありますが、そのなかでもきちんとプロの査定員が査定をして、その品物にあった金額で買い取ってくれるということが大切です。リサイクルショップなどでも買い取ってくれるところがありますが、専門知識があるスタッフがいないので、せっかく持ち込んだ毛皮もネットなどの相場を参考にして安く買い取られてしまう場合もあるといいます。なので、できるだけ毛皮の買取専門店を利用するほうがいいです。

専門知識がある査定員がいるお店を選ぶことで、その品物をしっかりと査定してもらうことができます。査定員がいるお店はそのお店のサイトやブログなどを読んでみるとわかります。

買取実績やどんなものがどのくらいの金額で買い取られているのか、ということがわかるので、一度確認しておくといいです。また、その査定員の買取実績や、その品物をどのくらいの値段をつけているのか、ということもわかります。それらを比較してお店を探すと高額で買い取ってもらうことができます。

買取専門店を利用するといい

毛皮を買い取ってもらうときには、毛皮の買取専門店を利用することをおすすめします。

買取専門店はたくさんあるので、何件かのお店を比較して買い取ってもらうお店を探しておくほうがいいです。一件だけではその査定金額が一番高額なのかということがわからないからです。何件かで仮の査定をしてもらい、それぞれを比較して、それから一番高額で買い取ってくれるお店を利用することをおすすめします。

買取専門店以外にも、リサイクルショップでも買い取ってくれますが、専門的なことがわからないスタッフの査定をされるよりも、しっかりとした知識がある査定員にお願いするほうがいいので、お店はしっかりと選ぶようにしておきます。

また、買い取ってもらうときには事前にお手入れをしておくことで、その品物をさらに高額買取をしてもらうことができる可能性があります。毛皮にはいろいろな品物がありますが、基本的には同じお手入れの方法なので、できるだけ定期的にお手入れをしておくといいです。

自宅でできるお手入れの方法がいくつかあるので、できるだけ一定の期間でケアをしておくようにすることが大切です。毛皮をきれいな状態にしておくことで査定金額をアップすることができます。

基本的なお手入れの方法がある

毛皮のお手入れの基本的な方法は、風通しのよいところで陰干しをする、というものです。

毛皮にはいろいろな種類がありますが、どんなものでも基本の陰干しは変わらないお手入れの方法です。たとえば、コートなどの場合はハンガーにかけて直接日差しが当たらないところで風を通すようにします。日陰で干すことで毛が傷むようなこともなくなるので、陰干しをして風通しをするというのは大切です。

それから、専用のブラシで毛並みにそって丁寧にブラッシングをします。必ず毛並みにそってブラシを通すようにしておくことで、毛をきれいにすることができます。毛のなかに入っているごみやホコリなどを取り除くことができるので、丁寧に行うことが大切です。強くブラッシングをしてしまうと毛が傷んでしまうので、優しく行うようにします。

それから、汚れやしみ、傷やほつれ、虫食いなどを見つけたときは、すぐに対処することが大切です。自宅で取れそうな汚れの場合は、ぬるま湯に浸したタオルをぎゅっと固く絞って、それを使ってたたくように汚れを落としていきます。これで汚れが取れなかったときは、専門のクリーニングのお店にお願いしてきれいにしてもらうといいです。


陰干しは毛皮の状態を保つときに大切

毛皮にほつれや虫食いなどがあったときには、すぐに専門の修理をしているリフォームのお店へ持ち込んできれいにしてもらうようにします。そうすることで購入したときの状態に近づけることができるので、査定金額をアップさせることができます。

また、たばこや香水、汗のにおいなどを取り除くためにも、陰干しをしっかりと行うようにします。汗などのにおいはカビなどの原因になることがあるので、きちんと取り除いておくことが大事です。もし陰干しをしても取り除くことができなかったときはクリーニングにお願いするといいです。

シーズン中にもお手入れを着用するたびにしておくことで品物のポテンシャルを保つことができますし、長期保管をするときには次のシーズンにもきれいな状態で着ることができるようにすることができるようになります。

保管方法も毛皮を高額買取をしてもらうためにはとても大切なことです。シーズンが終わって長期保管をするときには、まず基本的なお手入れをして、汚れやしみ、傷や虫食いなどがあったときにはそれぞれで対処をして、きれいな状態にしてから保管しておくようにします。保管する前には必ず陰干しをして風を毛のなかに入れて置くようにします。

余裕のある保管場所で毛皮をきれいに保つ

毛皮を長期保管するときには陰干しをして、それから毛並みを整えておくようにする以外にも、保管場所も大切になります。

毛皮を保管する場所は直接日差しが入らない場所で、風通しがよく、スペースに余裕があるところがいいです。スペースに余裕がないと、毛が摩擦などで傷んでしまうこともあるので、できるだけ余裕がある場所を探して保管しておくようにします。また、クリーニングなどに出してナイロンのカバーをかけたままにしておくのはよくないので、風通しがいい生地のカバーを用意してかけておくといいです。

保管をしているときでも定期的にお手入れをすることで、毛皮のポテンシャルを保つことができるようにしておくことが大切です。きちんとお手入れをすることで、毛皮の状態を購入したときに近い状態で保つことができます。そうすることで、もし買取専門店で買い取ってもらいたい、というときになったら査定金額が少し高くなる場合もあるからです。きれいな状態を保つためにはお手入れがかかせないことなのだと覚えておくことが大事です。

また、高額査定が期待できる品物とはどのようなものなのかを毛皮の買取専門店のサイトなどで比較をして、その状態に近づけるようにしておくのもいいです。

毛皮の買取専門店を比較して決めるまとめ

毛皮はきれいな状態で毛皮の買取専門店へ持ち込むといいです。 専門的な知識を持った査定員がいるお店を探して、自分が納得できる査定金額を提示してくれたところに買取をお願いすることをおすすめします。

いろいろな毛皮がありますが、どんなものでも基本的なお手入れの方法は変わらないので、自分でできるお手入れをしっかりと定期的に行っておくことが大切です。また、何件かのお店を比較して、その品物を一番高額で買い取ってくれるお店を考えるようにしておくといいです。そうすることで、せっかくの品物を安い価格で買い取られるということがなくなります。

また、保管場所を余裕のあるスペースにしておくことで、その品物をきれいな状態で保つことができます。いろいろな保管場所がありますが、一番いいのは風通しがいい日陰の場所です。毛皮のポテンシャルを保つことができるように、毛が傷んだりしないように余裕があるところに保管することが大切です。

買取専門店を利用するときに、購入したときの状態に近づけることで高額査定を期待することができる場合があります。その毛皮がブランドのものなら、ブランドの証明をすることができる紙を忘れずに一緒に持ち込んで、付属品があるときはそれらも一緒に持ち込むことで、査定金額をアップさせることができる場合があるので、忘れずに用意しておくといいです。