着なくなった毛皮を処分したいけれど、どうしたらいいのかわからない、という人もいます。 そのようなときは毛皮の買い取り専門店を利用して買い取ってもらうといいです。

毛皮にはいろいろな種類のものがありますが、買い取り専門店なら毛皮のことに詳しい専門的な知識を持っている査定員の方がいるので、その品物にあった金額で買い取ってくれます。リサイクルショップなどでも毛皮を買い取ってくれるところはありますが、専門知識があるスタッフがいないので、ネットなどの買取価格の相場などを参考にしていることが多く、その品物の値段ではない金額で安く買い取られてしまう可能性もあります。なので、できるだけ専門的な知識がある査定員がいる買い取り専門店を選ぶようにしておくといいです。

買い取り専門店を利用したいけれど、どこがいいのか迷ってしまう、というときは、毛皮の買い取り専門店の検索サイトなどもあるので、そのサイトを利用して、自分が納得できる内容の査定金額を提示してくれるお店を探してみるといいです。お試しの査定をしてくれる場合もあるので、それを利用して買取価格を考えて利用するお店を探すということもできます。

毛皮を買い取ってもらうときには必ず査定員がいるお店を探す、ということを覚えておくようにするといいです。

査定員がいるお店がいい

毛皮を買い取ってもらうときは、毛皮の買い取り専門店がおすすめです。

買取専門店はいろいろなところにありますが、きちんとした知識を持った査定員がいるお店を探して、そのお店のブログやサイトなどで査定員の実績などを確認してみるといいです。きちんとした査定をすることができる査定員は、買取実績があるのか、どのようなものがどのくらいの価格で買い取られているのかを伝えていることが多いので、相場などを考えながら提示しています。なので、査定員がどのような判断で査定をしているのかはサイトやブログなどを読んでみるとわかることがあります。

毛皮はいろいろな種類のものがあるので、きちんとした知識がないと判断しにくい場合もあり、そのぶん、査定金額をつけるときにも相場をしっかりと確認することが大切です。査定員はそのことをよく知っているので、買取専門店を利用するのが一番です。

ある程度の買取価格をサイトに載せているお店などはわかりやすく、自分の持ち込みたい品物がどのくらいになるのかを考えることができるので便利です。また、仮の査定を何件かのお店にしてもらって比較をして持ち込むお店を決める、というのもいいです。

お手入れをしておくことできれいに保てる

毛皮を買取専門店へ持ち込むときには、しておくといいことがいくつかあります。

まず、毛皮のお手入れをしておくことが大切です。毛皮は日ごろからきちんとお手入れをしておくことできれいな状態を保つことができます。シーズン中はもちろん、シーズンが終わって長期保管をするときにもきちんとお手入れをしておくことで、そのポテンシャルを保つことができるようになります。

お手入れの方法は、どんなものでも基本的には同じです。特別な道具は毛皮の毛並みを整えるための専用のブラシだけなので、いつでもその毛皮をきれいな状態にすることができます。きちんと定期的にお手入れをすることで、毛皮を買い取ってもらうときに、高額査定を期待することができる場合があります。なので、シーズン中は着るたびにきちんとお手入れをして、長期保管をするときには、その前にしっかりとクリーニングに出したり、きれいな状態にしておくことでそのポテンシャルを守ることができるようになります。

自宅でできるお手入れの方法などもあるので、定期的にその方法でお手入れをしておくときれいに保管することができます。気軽にできるので、お天気がいい日や風が強くない日などにしておくといいです。


ブラッシングで毛並みを整える

毛皮のお手入れの方法は、基本的にはどんな毛皮の種類でも同じです。

たとえば、毛皮のコートをお手入れするときには、まずコートをハンガーにかけて日差しが直接当たらないところにかけます。そして、日陰になっているところで陰干しを数時間しておきます。陰干しをすることで、毛のなかに入った汗やたばこ、香水などのにおいを取り除くことができます。着用しているといつの間にかついてしまうことがあるこれらのにおいですが、すぐに陰干しをして風を通すことで取り除けることがあります。もし取り除くことができなかったときは、毛皮の専用のクリーニングへ持ち込むといいです。

それから、毛並みを整えるために専用のブラシで丁寧にブラッシングをします。ブラッシングをすることで毛並みを整えることもできますが、毛のなかに入ったほこりやごみなどを取り除くこともできます。また、毛をすかすような状態になるのでにおいを取り除く風を入れることもできるようになります。ブラッシングは毛並みにそって丁寧にするようにします。毛に逆らってしてしまうと毛が傷むことがあるので、必ず毛並みにそって行います。 毛皮は毛並みを整ええておくことが大切です。

きれいな状態にして保管することが大事

それから、毛皮に傷や汚れ、ほつれ、しみなどがないかを確認します。

もし汚れがあったときにはぬるま湯に浸したタオルをぎゅっと固く絞って、それでたたくように汚れを落としていくといいです。こするのではなく、たたいて汚れを落としていきます。これで取り除くことができなかったときは、専門のクリーニングを利用してきれいにしてもらうようにします。また、しみなどができたときなどにもクリーニングできれいにしてもらうといいです。

傷やほつれなどがあったときは、購入したお店、もしくは専用の修理を行っているリフォーム店などに持ち込んできれいにしてもらってから買い取り専門店へ持ち込むようにすると高額査定を期待することができます。

長期保管をする前には陰干しをして風を入れておき、保管場所はスペースに余裕があるところを選ぶようにします。保管場所も風通しのいいところを選ぶといいです。 風が通るところでクリーニングなどに出した後の袋からは出しておいて、風を通すことができるカバーなどをつけておく程度にしておくと毛皮が傷むこともないので安心です。 毛皮を買取専門店へ持ち込むときには、このように普段からお手入れをしておくことで高額査定を期待できるようになります。

毛皮の相場を考えて買い取りをする買取専門店まとめ

毛皮の買取専門店は、専門知識がある査定員がいるお店を選ぶようにしておきます。

毛皮の買取価格をアップするためにもきちんと相場などを確認して、その品物にあった金額で買い取ってくれるお店を探すことが大切です。 それから、毛皮を持ち込むときにはその品物がブランドのものならブランドの証明ができる紙を一緒に持ち込むといいです。また、購入したときに付属していたものもすべてそろえておくことで、査定金額をアップさせることができる場合があります。

毛皮の相場はその毛皮の種類によって多少違いがあるので、きちんとそのときの相場を参考して査定をしてくれるプロがいるお店を探して利用するといいです。 定期的にお手入れすることで、状態を購入したときに近づけることができて、査定をするときにもよい状態にすることができるといいます。なので、シーズン中もシーズンが終わって長期保管をするときにもきちんと陰干しなどのお手入れをして、毛皮によい環境で保管をすることが大切です。

買取専門店で買い取ってもらうときには、買取方法がいくつかあります。店舗へ持ち込む買取方法はもちろん、郵送での買取、自宅まで査定員に来てもらって査定をしてもらう出張買取などがあるので、自分の都合に合ったものを選ぶといいです。