秋田県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

秋田県のお客様の声

  • 大量の着物を買い取ってもらい助かりました
    着物 / 秋田県湯沢市
    50代 女性
    私は着物が大好きで色々な種類の着物を持っているのですが、増え過ぎてしまったため、整理したいと思い、先日出張買取をお願いしました。家まで査定に来ていただけたので、運ばなくても良かったのが有り難かったです。
  • 対応の早さに好感がもてました
    着物 / 秋田県秋田市
    30代 男性
    自宅まで査定に来てくれることと、査定にあまり時間がかからず早く終わって便利だと思いました。いらなくなった着物を早く処分したいと思っていたので、対応の早さに好感がもてました。こちらの買取サービスを利用して良かったです。
  • はじめは不安でしたが、真摯な対応で安心しました
    着物 / 秋田県鹿角郡
    50代 女性
    実際にサービスを利用するまで不安がありましたが、査定中の真摯な対応を見て安心しました。愛着のある着物を信頼できる方に買取してもらいたいと思っていたので満足しています。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

秋田県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

秋田県は出張買取エリアです!
秋田県内(市)
秋田市、能代市、横手市、大館市、男鹿市、湯沢市、鹿角市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市
秋田県内(郡)
鹿角郡小坂町、北秋田郡上小阿仁村、山本郡藤里町、山本郡三種町、山本郡八峰町、南秋田郡五城目町、南秋田郡八郎潟町、南秋田郡井川町、南秋田郡大潟村、仙北郡美郷町、雄勝郡羽後町、雄勝郡東成瀬村
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

秋田県の着物買取にまつわる豆知識

秋田県の着物買取事情

秋田県の着物買取事情

秋田県は、東北地方の日本海側にある人口約100万人の都市です。奥羽山脈を境に北は青森県・南は山形や宮城県・東部は岩手県と接します。

13市9町3村に区画され、景勝地・国立公園十和田湖があります。

秋田県は農業や林業が盛んで、特にお米の生産地として知られ「あきたこまち」など有名なお米を生産していて、出荷量は新潟や北海道に次いで全国第3位です。その他にも、木材生産量は全国第4位になっています。

秋田県では、およそ200年前から、植物を染料とした着物の生産が盛んに行われてきました。

その染色法は現在も継承されており、堅牢性の良さから高い評価を受けており、愛用している方も多いです。

また、一部の工房でしか生産されていないため価値が高くなっており、着物買取でも人気商品として人気があります。

秋田県の着物買取店の数

秋田県の着物買取店の数

秋田県には、着物専門店が70軒以上あり、その数は全国47都道府県の中で29位となっています。その中で、県内に店舗を置く着物買取店は5軒あります。

秋田県発祥の着物に、秋田黄八丈があります。八丈島で生産される黄八丈に対してそう呼ばれており、黒や茶・黄色を基調にしているのが特徴です。

その歴史は約200年前に遡り、石川瀧右衛門が秋田平や竜門織を生産したことが始まりと言われます。

秋田八丈の独特の茶色は、海岸に自生しているハマナスの根を染料として用いています。

その他、植物染料を混ぜて黒色にした鳶八丈や、ヤマツツジなどを混ぜて黄色にした秋田黄八丈などがあります。

最盛期には年間6万反程が織られていましたが戦争の影響で減少して、2003年に需要の落ち込みやハマナスが入手困難になったことで一旦は姿を消しますが、2006年に新たに工房が設立され復活を果たします。

美の神髄と称される福田喜三郎の着物

美の神髄と称される福田喜三郎の着物

着物作家である福田喜三郎は、平成9年に刺繍の分野で人間国宝に初めて認定された刺繍の第一人者です。

自らが思い描いている刺繍の美しさを最大限に引き出すために妥協をゆるさず、生地選びからデザイン・染などの全行程を一人でこなします。

また、刺繍の技術だけでなく、自然を感じさせる独自の創作力や色彩感覚は、着物買取業者にも高い評価を得ています。

京都随一の刺繍の名匠と言われた福田喜三郎ですが、昭和15年の奢侈(しゃし)禁止令で一時休業に追いこまれます。

その後、長男である福田喜重が15歳で家業を継ぐことで、新たに工房が立ち上げられます。

喜重は、重要無形文化財の認定を受けた後も父・福田喜三郎に敬意を表し、作品に喜三郎の落款を使用しているので、買取をしてもらう時はしっかりとした業者に鑑定を依頼することがおすすめです。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。