「着物コラム」の記事一覧

着物に合わせた和装小物の選び方のポイント

着物は一緒に身につける和装小物によって、がらりと印象が変わります。上品にも派手にもなりますし、遊び心を生かすことができます。また和装小物は、バッグや帯留など見せるものだけではなく、履き物や帯を締める時に使う帯枕なども加わります。そんなもの、どれも同じと思われるかもしれませんが、こうした道具にこそ、着物の着付けがしやすくなるヒントが隠れているのです。 和装小物とひと口に言っても、その種類は草履から帯締めなどの多岐に渡ります。またいくらあっても欲しくなる、購買意欲をそそるほどに種類が豊富でもあります。帽子が好きな人が帽子をたくさん集めてしまう、靴好きが靴をたくさん集めてしまうような、ファッション...

アンティーク着物の着こなし方と注意点

いま、様々な日本の文化が見直されています。なかでも着物を着ておしゃれをしたい思う女性は多く、着物教室や和装雑誌の需要が高まってきていると言っていいでしょう。 とはいえ、普段のおしゃれに着物をいきなり取り入れるのは難しいもの。 なかでも「着物は高価なのではないか?」とい考えてなかなか和装にチャレンジできない人も多いと思います。 たしかに着物はいろいろな種類があり、中でも作家ものと呼ばれる着物や、各地の伝統工芸を取り入れた織物の着物は高価ですね。 しかし、アンティーク着物と呼ばれる古着の着物でしたら、驚くほど安く手軽に手に入れることができます。しかもアンティーク着物は洋服のように華やかで色...

着物の種類|袋帯とは

みなさんは着物を着るときに、どんな帯を合わせたらよいのか迷ってしまったことはありませんか? 和装が見直されている昨今、夏になると浴衣姿の老若男女を目にする事が増えましたね。 そこからさらに一歩先に進み、日常でも着物を着て見たいと思っている方、また実際に取り入れていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 いま現在の着物に合わせる帯の主流は、半幅帯、名古屋帯、そして袋帯となっています。 中でも袋帯は、フォーマルなシーンで重宝する帯と言われていますね。 ですが、実はこの帯はそれだけでなく、あらゆる着物やシーンに合わせることができる頼もしい帯であることは、あまり知られていないのではないでし...

着物の種類|名古屋帯とは

名古屋帯は、着物を着る時に使う女性用帯の種類の一つです。袋帯に比べるとカジュアルな帯なので、気軽に締めることが出来ます。普段着である小紋や紬はもちろん、素材によっては、付け下げなどのセミフォーマルな着物まで締めることが出来るので便利な帯です。 締めるのに時間がかかる袋帯や丸帯を簡略化したもので、一重太鼓を締めることができ、軽く、短時間で締めることができます。名古屋帯は、礼装用の袋帯や丸帯に比べると格が低くなりますが、その分締めていける範囲が広く、使用する頻度が高い種類の帯と言えます。 はじめは染め帯が主だったのですが、のちに織の帯も作られるようになり、金糸や銀糸を使った織の帯や、つづれの帯...

着物の種類|丸帯とは

着物を着るうえで、あまり出番のない種類の帯はないでしょうか? 着物を取り入れるライフスタイルにより、活用する帯の種類も様々だと思いますが、なかでも「丸帯」を日常で使用する方はほとんどいらっしゃらないかと思います。 なぜならこの帯は持っただけで重く、豪華な金糸などの刺繍が入っていて、しかもつるつるとしていていかにも結びにくそう。さらに一人で結ぶんなんてとんでもない、と感じてしまうでしょう。 つまり、日常生活に全く向いていない帯だということです。 礼装用の着物にあわせる帯ならば、袋帯などの種類があるのに、なんでこんな豪華な帯があるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 実はこの帯...

着物の種類|半幅帯とは

着物というと礼装なイメージがありますが、いつもの堅苦しい着方ばかりでなく、もっとカジュアルに楽に着こなして出かけたい時、半幅帯を締めるのがお勧めです。 半幅帯というと、浴衣に結ぶものと思われるかもしれませんが、半幅帯は着物に合わせてもいいのです。普段からよく着物を着用する和装の上級者は名古屋帯などより半幅帯を愛用します。半幅帯は名古屋帯、袋帯より幅が小さいので結びやすく、さまざまなアレンジの結び方によって背中を鮮やかに演出してくれる優れものです。 種類も豊富で値段もお手頃なものが多いので手軽に購入し、結ぶこともできるでしょう。ネットショップでは、浴衣とセットで、作り帯と呼ばれるすでに完成し...

着物の種類|反物とは

着物を仕立てる上で必要なのが「反物」とよばれる布を巻いたもので、一度は目にしたことがあると思います。 この反物には素材や色・柄など数え切れないほどの種類が存在しており、流行の新しい生地からアンティークのものまで含めると数え切れないほどです。 近年の着物ブームに影響されてか、消費者の幅も広がり様々な着物の反物が求められるようになっています。 浴衣や普段着用の素材から、祝い着など豪華なものに使われる素材など多岐にわたりますが、 布に行うプリント技術の向上や昔ながらの伝統の織る技術・有名作家などが手がけた芸術品のような絵柄のものなど自分のライフスタイルや目的・購入価格などに合わせてたくさんの...

着物の着付け:帯の結び方

普段の生活の中で着物を着る機会というのは一般的な生活を送る人にはほとんどないかもしれません。 あまり着物を着る機会がなくても、たとえば成人式に振袖を着たり、結婚式で留袖を着たりすると、不思議と背筋が伸びてとてもたおやかに美しく見えるものです。 着物は日本人をとても美しく見せる日本古来の伝統的な衣装です。着物離れが進んでいるとはいえ、やはり着物を着ることはちょっと自分をグレードアップさせ、背筋を正してくれることでもあるようです。そして美しい着物を引き立たせ和服姿になくてはならないのが帯の存在です。その種類や色柄、そして結び方を変えるだけで同じ着物でも全く違ったイメージの着こなしができるため、...

着物の着付け:必要な小物

着付けの方法にも色々あり、着る着物によっても必要なものは違いますが、ここでは着付けに最低限必要な小物を中心に紹介します。 着物や帯は種類により合わせて着用する小物も変わります。推奨すべき組み合わせを種類ごとに挙げると【振袖】【訪問着、小紋】【浴衣】、帯では【袋帯や名古屋帯】【半幅帯や兵児帯等】など、種類や結び方により小物も変ります。 また、着付けの方法によっては簡単に帯結びができるように器具を使う教室や流派もありますが、基本的には手結びで着る着物は洋服とは違い、全て釦(ボタン)やファスナーを使わず、腰紐だけを使って着るものです。 腰紐以外では、帯枕や帯揚げ、帯締め、帯板、伊達締め、コーリ...

着物の生地の種類と見分け方

いま和装文化が見直され、お洒落着やフォーマル着として着物を取り入れる方がまた増えつつあります。雑誌や百貨店などの店頭で特集が組まれることも増えたので、改めて和装の良さを知った方も多いのではないでしょうか。 コーディネートの仕方はお洋服とはまた違った面白さがあり、日本の女性を美しく見せてくれる和装は一度魅力を知ると、どんどん楽しくなっていきますね。 しかし和装を取り入れる際に躓きがちなのが、生地の種類と、その生地が着ていく場所にふさわしいかを判断するところです。しかし、着物の生地の種類はたくさんありますが、その分類は簡単で、手触りや見た目ですぐ判断ができるものなのです。 ここでは、着物がど...