いま、様々な日本の文化が見直されています。なかでも着物を着ておしゃれをしたい思う女性は多く、着物教室や和装雑誌の需要が高まってきていると言っていいでしょう。 とはいえ、普段のおしゃれに着物をいきなり取り入れるのは難しいもの。 なかでも「着物は高価なのではないか?」とい考えてなかなか和装にチャレンジできない人も多いと思います。
たしかに着物はいろいろな種類があり、中でも作家ものと呼ばれる着物や、各地の伝統工芸を取り入れた織物の着物は高価ですね。 しかし、アンティーク着物と呼ばれる古着の着物でしたら、驚くほど安く手軽に手に入れることができます。しかもアンティーク着物は洋服のように華やかで色鮮やかなものも多く、初心者でも楽しく着こなすことができます。 ここではアンティーク着物の魅力と、着る際の注意点をご紹介していきます。

アンティーク着物を手に入れるには

アンティーク着物は基本的に古着なので、呉服屋さんでは購入するとこはできません。 洋服にヴィンテージ専門の古着屋があるように、着物にも古着専門のお店が多数存在します。 古着専門のお店は基本的にとても敷居が低く、実際着物を手に取って見られるだけでなく、気軽に試着もできますので、実際にお店に足を運んでみることをお勧めします。
また、お店だけでなく最近はネットオークションなどでもアンティーク着物が多数販売されています。 ネットオークションは思わぬ掘り出し物が非常に安い値段で手に入る事があるので、場合によってとてもお得な買い物ができます。 ただしネットオークションは実際の試着ができないので、自分の着物のサイズをあらかじめ知ってく必要があります。 なのでネットオークションは、ある程度和装に慣れ親しんでからのほうがおすすめです。
ですから、まず初心者の方は着物の古着屋さんに行ってみましょう。何着か試着して自分の体の寸法を知ることが大切です。 大抵の店員さんはメジャーなどで寸法を測ってくれるので、数字をメモしておけば後々着物を購入するときずっと役に立ちます。 また、実際に着物を羽織ってみれば、どんな色柄が自分に似合うのか分かってきます。店員さんと相談しながら、自分に似合う着物を沢山の棚の中から探すのはさながら宝探しです。 これこそアンティーク着物の楽しみの一つと言っていいでしょう。

アンティーク着物を買うときの注意点

選ぶ際に注意したい着物のサイズとコンディションです。 昔の日本人は現在の日本人より背も低く手足も短めでしたから、アンティークの呉服は、全体的にサイズが小さめだと考えていてください。 とくに裄と呼ばれる袖の長さが足りない場合が非常に多いので注意して見てみましょう。 手首がほとんどむきだしになってしまうほど短いと、やはり少々不格好ですね。 また全体的な着丈も足りるか実際に試着して確かめてみてください。特に女性の着物は「おはしょり」という、ウエストのあたりで一度折り返す着方をしますので、着丈は十分にあったほうがいいでしょう。 とはいえ、現在は形にとらわれない着方も考案され、あえて「おはしょり」を作らない着こなしも雑誌で紹介されています。 スラリと身長が高い方は、そのような着こなしをしても粋ですね。
サイズのほかに注意したいのが、生地のコンディションです。 基本的に誰かが一度は手を通した古着なので、汚れや破れなどがどこかに必ずあると思っていていいでしょう。 着ることに関して支障のない程度の汚れでしたら、とくに気にすることはありません。また大きなシミがあったとしても、例えば帯を締めてしまえば隠れてしまうなど見えない部分のものでしたら問題はないでしょう。 破れですが、これも隠れてしまうところでしたら当て布をして補強してしまえばなんの問題もありません。 糸が古くなって脆くなり切れやすい場合もあるので、縫い目などを十分にチェックしてみてくださいね。


アンティーク着物を着ていける場所

さあ、お気に入りのアンティーク着物が見つかり購入出来たら、実際に着ておでかけしてみましょう。 しかし、どこになんの種類を着ていけばよいのか迷いますよね。 まず、古着では「小紋」と呼ばれる種類が圧倒的に多いです。なので初心者はまず小紋を一着買う方が多いと思います。 小紋は洋服に例えるとシルクのワンピースです。小紋の着物を着ていれば、レストランのお食事、カジュアルなパーティー、観劇、美術館など大抵の場所に遊びに行けます。とても便利ですね。
夏に着る浴衣は、洋服に例えるとTシャツにジーンズのようなカジュアルな服装です。野外のお祭りやフェスといった活動的な場によく似合います。 初心者の方でしたら、着こなしやすい上記の二種類から和装を始める事をおすすめします。 それ以外でしたら、さらに格が上になる色無地、訪問着、留袖、振袖などがあります。これらは、洋服で例えるとスーツやドレスにあたり、茶席や結婚式や表彰式といったフォーマルな場面で着ていける種類になります。
このように着物の種類を把握しておけば、お出かけする際に何を着て良いのか迷わずに済みます。 もしご自身で種類やTPOを判断しかねる場合は、お店の店員さんに出かけたい場所や着る目的を話せば最適な種類を選んでもらえます。 ただし、アンティーク着物はあくまでも古着ということを忘れてはいけません。 たとえ格の高い留袖や訪問着といった種類であっても、あからさまにシミやくすみが目立っていたり、一目で古着と分かるほどボロボロであるならば、冠婚葬祭の場面で着用するのは控えましょう。

着た後のお手入れが肝心です

お気に入りの一着を見つけ、実際に着て楽しい時間を過ごした後は、お手入れを忘れてはいけません。 アンティーク着物は生地が弱っている場合が多いので、着た後のお手入れを怠ると、どんどん傷んできてしまいます。
まず着物を脱いだら和装ハンガーにかけ(なければ普通の洋服ハンガーでもかまいません)着ている最中に生地にうつってしまった湿気を取り去ります。 湿気をほうっておくとカビが生えてしまい、どんどん着物を浸食してしまいます。大体一日は風通しの良い場所にかけてください。 湿気をとったら次は汚れがないかを見てください。食べこぼしや泥やお化粧がついてしまったときは早めに対処をすることで綺麗にできます。
泥が付いたならば、乾くのを待って歯ブラシで叩くと汚れが取れますし、お化粧が襟元についてしまったときはベンジンを含ませた布で叩いて汚れを落とします。 食べこぼしの場合は、こぼしてしまった食品の種類によって落とし方が変わってきますので、お洗濯の本などでそれぞれの対処法を調べて落とします。 ですがあまりに汚れが大きかったり、ご自身でなんの汚れか判断ができない場合は無理をせず洗濯専門の業者や呉服屋さんに持って行って綺麗にしてもらいましょう。 このようにお手入れした着物は畳んで、たとう紙や桐箱に入れ、湿気の少ない場所に収納します。
このように正しいメンテナンスをすることで、アンティーク着物は長く美しく着ることが可能です。

アンティーク着物の着こなし方と注意点まとめ

いかがでしたか。 このようにアンティーク着物は難しいものではなく初心者でもチャレンジしやすいものです。 あまり大げさに考える必要はありません、実際にお店に足を運んで手に取って、その親したしみやすい魅力に触れてみてください。着こなしに慣れてしまえば、ネットオークションや蚤の市で着物を格安で探すといった楽しみも増えますし、どんどんコーディネートの幅が広がり、益々和装が面白くなっていくでしょう。 また、現代の着物にはない大胆な柄や、何とも言えない絶妙な色合いがあるので、人と違ったおしゃれを探している方にも非常におすすめです。
着物を持っているとおでかけの際のコーディネートの幅も広がりますし、着物を着て過ごす時間はゆったりとした特別なものに感じられる事と思います。ぜひこの機会にアンティーク着物の世界に触れてみてください。