結婚式や成人式など華やかな場所で若い女性が着ることの多い振袖ですが、そもそも振袖はどのようにして生まれたのでしょうか?その歴史について見てみましょう。

振袖の始まりは江戸時代

現在「振袖」と呼ばれる着物が歴史に登場したのは江戸時代です。振袖誕生前にも袖の長い着物がありました。「脇あけ」と呼ばれ、体温の高い子供の身体の熱を逃がすため脇を大きく開けた形が特徴の着物です。 江戸時代以前には男女問わずに着られており、一六、七歳になると脇をふさいで袖を短くしていました。江戸時代に入り踊りや歌舞伎といった歴史に残る日本文化が花開くようになると、身振りを美しく見せるために装飾をこらした袖の長い振袖が登場しました。役者たちが袖を振ったり、相手の袖にすがる仕草で愛情表現を示したことから若い女性の間で振袖が大流行し、振袖は若い未婚の女性が着るものという観念が定着したのです。

成人式に振袖を着るのは何故?

成人式に振袖を着る大きな理由として「振袖は未婚女性が着る正装」があります。理由は諸説ありますが、江戸時代の独身女性は振袖の袖を振って好きな男性に愛情を表現する手段として使っていたためその名残が今も残っています。 着物の歴史を最も昔まで遡ると、肩にかけるストールのような長い布にたどり着きます。この布を振ることで神様を呼び寄せるという意味合いから着物として形を変えた現在でも神聖なものとされ、振袖が結婚式や成人式で着られるようになったのにも、そのような歴史が関係しています。袖を振るという仕草は愛情表現だけでなく「厄払い」や「清め」の儀式に通じ、振袖を着るということは人生の門出において身を清めるという意味が込めれています。

振袖を着るのは成人式だけではない

せっかく振袖を仕立てたにもかかわらず、成人式以外で着る機会がないという話を耳にすることがあります。 長い歴史をもち、美しい日本文化の象徴ともいえる振袖を着ずに箪笥に仕舞ったままでは勿体ないです。 着物の歴史からも分かるように振袖は「未婚女性の最高位の礼装」です。礼装と言っても難しく考える必要はありません。結婚式やパーティなど華やかな場所はもちろんのこと、卒業式の時に袴と合わせても素敵に引き立ちます。