振袖は着る機会が限られているので、次回 安心して着られるよう保管方法に気をつけましょう。

振袖のお手入れの基本とは?

振袖は絹で作られています。絹は保管方法が正しくないと「虫食い」に遭いやすく、また湿気の多い日本ではカビも生えやすいという問題もあります。保管方法のポイントとしては振袖を虫干しして乾燥させましょう。虫干しとは振袖を着用した後、生地を裏返して衣紋掛け(和装用ハンガー)に掛け、風通しの良い日陰で干す事です。1日干したら表面のホコリを軽く落とし、畳みます。振袖を着ない時でも年に1、2回は虫干しをする事が理想です。冬の乾燥した、天気の良い日を選ぶと良いでしょう。その後、撥水加工のスプレーをかけておくなど万全にしておきます。

振袖をクリーニングに出す際は?

もし振袖にシミや汚れがあったり、長期間着る事がないのであればクリーニングに出した方が安心です。一般的なクリーニング店よりも振袖の扱いに慣れ、保管方法が徹底されている和装専門のクリーニング店に依頼した方が良いでしょう。近所に専門の店がない場合は、百貨店や呉服店に相談すれば紹介してもらえます。振袖のクリーニングは洋服と比べると値段が高いですが、保管方法を守り長く着るために利用してみるのも良いでしょう。クリーニングから戻ってきた後の保管方法は、必ず和装専用のたとう紙で包んで湿気がこもらない様にして桐のタンスや衣装ケースに保管します。

振袖の保管方法のポイント

振袖の保管方法のポイントは湿気と虫に注意する事です。たとう紙に振袖を包んで通気性の良い桐の和タンスに保管する事が理想ですが、金属製の衣装ケースでも可能です。湿気がこもりやすいプラスチックのケースの場合は頻繁に換気をすれば大丈夫です。衣装ケースの中には和装用の乾燥剤と防虫剤を入れておきます。洋装用だと色落ちや色が変わる事があるので必ず和装用を使います。着物専用の収納バッグもあるので、利用するのも良いでしょう。正しい保管方法で大切な振袖を保管すれば良い状態で長く着られるので、保管方法をしっかりと守る事が大切です。