着られなくなってしまった振袖を買い取って欲しい。その時、少しでも満足できる価格で買い取って欲しいですよね。今回は、振袖の査定ポイントについてご紹介します。

保存状態が良いか?

振袖の買取価格は、まず保存状態の良し悪しがポイントです。汚れやシミがあると次に販売するために汚れを落とす作業がが必要になってしまうので、その分査定額も大きく下がってしまいます。では査定額に満足するためにはどうすればよいのでしょうか。普段のお手入れがポイント。振袖は毎日着るようなものではありませんので、タンスにしまったままという方も多いのではないでしょうか。まずは年に2回でもよいので、風通しのよい所での陰干しをするなどのお手入れをしていくと、後々「振袖を買い取って欲しい」と思った時に満足できる査定額を手にすることができるます。もう1つのポイントとしては、振袖を着る機会が無くなってしまったら早めに買取査定に出すということも重要です。

素材が正絹か?

振袖の査定ポイントとしては、生地の素材が正絹かどうかも重要です。ウールや化学繊維の振袖を買い取ることもありますが、査定額としては期待できないです。基本的には生地が正絹以外は買い取ってもらえないと思って頂いても問題ありません。振袖の査定額は、生地の素材が正絹のもので、着用した回数が少なければ少ない程ポイントが高くなります。また、素材が正絹のものであれば、振袖の重量が大きければ大きい程原則として査定ポイントも高くなる傾向にあります。さらに、サイズについても小さすぎたりしますと、買い手が見つかりにくいため査定額も下がってしまいます。誰でも着ることのできるサイズであれば問題ありません。(目安は身丈:160cm~、裄丈:65cm~)

色や柄が人気があるものか?

色や柄も重要になってきます。振袖にも流行の色や柄があるため、今流行っている色や柄であれば査定ポイントも高くなります。また、古典柄は流行に左右されず常に人気の柄であるため、こちらは査定ポイントの高い柄です。また、振袖の作家や産地も重要です。人間国宝の作品や老舗呉服屋の仕立物などは査定金額が高くなる傾向にあります。産地としては、加賀友禅、京友禅、丹波布などの有名な産地のものが高くなりやすいでしょう。不安な点があればお気軽にご相談ください。