着物を購入すると必ず証紙と呼ばれるものが貼られています。これは、製造者、製造場所、染め方などを証明する登録商標であり、ダイヤモンドの鑑定書のようなものです。しかし、その書き方は着物の産地によってさまざまなので、読み方がわからないという方も少なくないでしょう。そこで、代表的な着物の証紙の読み方についてご説明します。

奄美大島紬の証紙の読み方

奄美大島紬は着物が好きな人の普段着として高い人気を誇っています。樹皮の煮汁によって染め上げたあと、鉄分の多い奄美大島の泥につけて発色させる製法が特徴的で、カラフルでありながらも落ち着いた色合いに仕上げることができます。ただ、現代では、大島紬は奄美大島だけでなく、鹿児島本土や宮城県の都城でもつくられているので注意が必要です。そして、それを区別するために必要なのが証紙です。まず、奄美大島でつくられたものには、地球のマークが描かれている証紙が貼られています。また、泥染めを行ったものには『古代染色純泥染』、草木泥染めを行ったものには『本場奄美大島紬草木泥染』と書かれた証紙が付随している場合があります。一方、日本の旗がクロスしている証紙が貼られている場合は鹿児島産です。そのうち、証紙の色が青いものが手織りで、赤いものが機械織りであることを示しています。さらに、宮城県都城でつくられたものには、『鶴印』と呼ばれる宮城絹織物事業協同組合の証紙が貼られています。ただし、都城の証紙に関しては、業者が独自に開発した登録商標や一時期廃止なっていたものなど、デザインが多岐にわたっているため、発行元や販売店で確認した方がよいでしょう。

結城紬の証紙の読み方

結城紬は国の重要無形文化財に指定された絹織物であり、その着物は軽くて暖かいと高い評価を得ています。絹は蚕の繭が原料ですが、それを煮て柔らかくしたものを人の手で丹念に紡ぎだすことによって、素材の良さを殺さない最上級の絹糸ができあがるわけです。そして、近代的な機械を用いず、原始的な地機のみで織り上げたものが本物の結城紬です。それを見分けるための証紙には、いくつかの種類があります。まずひとつは、草の冠の中に『結』文字が書かれたシールです。これが登録商標であり、偽物の場合は冠の中が『結』の文字だったり、微妙にデザインが異なっていたりします。他にも、『糸とり婦人図』と『本場結城紬卸商協同組合・紬検査証』と書かれた検査証があります。3枚がそろって1セットです。また、『合格』と書かれたシールもありますが、これは金色、銀色、銅色の3種類に分かれます。金色のものは地機で平織をしていることを示しており、これが無形文化財の要件を満たす結城紬です。ちなみに、銀色の合格シールは高機で平織を、銅色は高機で縮織をしていることをそれぞれ示しています。他にも、『真綿手紬糸』などと書かれた品質表示シールもあり、結城紬の証紙は多数のシールが横一列に大並べられているのが特徴です。


博多織の証紙の読み方

博多織とはその名の通り、福岡県福岡市の主に博多地区で生産されている絹織物です。細い縦糸を大量に用い、太い横糸を強く打ち込むことで縦糸を浮かび上らせるように柄を出す点が大きな特徴です。また、生地に厚みがあるため、反物よりは帯に向いており、実際、博多織でつくられた博多帯は、締めやすくて緩みにくいと、高い評価を受けています。そして、帯に貼られている証紙のデザインですが、右側に博多織という文字があり、左側に『博多』という捺印が押されています。この捺印の色で商品の違いが分かるようになっているのです。以前は、金、緑、紫、青の4種類に分かれていたのですが、2011年に改訂され、現在では金と青の2種類のみになっています。金色の証紙は絹を50%以上使用したものであり、青色が絹の使用が50%未満のものです。以上のような証紙は購入の際に、商品の真偽や品質を確認する他に、買取の時にも重要な役割を果たします。特に、高級着物を売却する際には、証紙があるかないかで買取価格が大きく変わってくる場合があります。したがって、証紙は購入後も捨てることなく、大切に保管をしておきましょう。