帯買取で知りたいその価値と相場!高く売るための注意点

帯は着物とは違って帯単体だと買取をしてもらえないのではと、帯を処分してしまう方がいらっしゃいます。

しかし、正絹の帯や伝統工芸品や有名作家による帯は、高額買取になる可能性がありますので、処分をしてしまう前に、一度、帯買取を依頼するのがおすすめです。

ここでは、有名な帯の詳細や買取の相場、また高く売却するための注意点などをご紹介します。

様々な帯の種類について

様々な帯の種類について

着物を着るときに不可欠の帯には、合わせる着物やサイズ、作りによっていくつかの種類があります。

ここでは「袋帯」「名古屋帯」「丸帯」「半幅帯」について紹介します。

袋帯

袋帯は、昔から礼装用として、留袖や振袖、また訪問着等に合わせて使われる帯です。但し、最近では礼装だけではなくカジュアルにも使用することできる袋帯も増えていますので、その帯の格、また合わせる着物によって選び分けることが必要です。

袋帯の名前は、表生地と裏生地を袋状に縫い付けて作られていることからその名がついていて、いままでの帯の短所ともいえる「重さ」や「締めにくさ」を解消した帯と言えます。

また、袋帯はお太鼓部分を二重にして厚さを出す「二重太鼓(にじゅうだいこ)」という結び方で、フォーマルな場で用いられることも多い帯です。

名古屋帯

名古屋帯は、袋帯を若干カジュアルにしたもので、正礼装用には使用できませんが、生地や図柄によっては準礼装として使用できる帯です。

また名古屋帯には、生地が染生地と織り生地の二種類あるため、着用する着物に合わせて帯の素材も合わせることができるうえ、普段着用の帯としても使用でき、汎用性の高い帯とも言えます。

丸帯

丸帯は色々ある帯の中でも古い歴史があり、昔は礼装用として使用されていましたが、昭和初期に袋帯が出始めると、袋帯が礼装として使用されるようになりました。

丸帯には、鶴などの縁起の良い柄が用いられていることから、現在見かけるのは花嫁衣裳ぐらいで、普通にはなかなか見かけることはありません。そのため、アンティークのジャンルとしてあつかわれることも多い帯です。

半幅帯

半幅帯は一般的な帯の幅(30cm)の約半分(15cm)の幅でつくられている帯を表していて、簡単な着物や浴衣などの特にカジュアルな着用に使用します。

生地の表地には様々な柄が施されていて、中には金糸等を用いた格調の高い半幅帯もあります。このように様々な模様があることで多彩な組み合わせも考えられることから、カジュアルなシーン以外でも場面によって使い分けることが可能です。

また、生地も木綿をはじめ、ポリエステルやウールもあれば、博多織の半幅帯では正絹を用いて作られているものもあります。

帯を売るなら着物買取の専門店で!

帯を売るなら着物買取の専門店で!

同じ帯でも売却の方法で値段も手間も変わります。

ここでは、どのような売却を行えばよいか、3つの例について説明します。

リサイクルショップで売る

通常、リサイクルショップでは着物類を扱っていることは少なく、もし着物の取り扱いがあったとしても、買取品が「帯」となると買い取ってもらえる確率はとても低くなる傾向があります。

また買取金額についても、基本的には中古衣類という扱いになること、また、ショップ担当者が帯の知識を持ち合わせていることは稀であることから、非常に低い金額になることが予想されます。

ネットオークションを利用する

ネットオークションに帯を出品して売却するには、まずオークションサイトへの登録を済ませる必要があります。メリットのひとつとしては自分が希望する販売価格を付けられるということですが、落札されるタイミングは落札者次第となりますので、値段によっては売却できない状態が続く場合もあります。

また、実際に売却できたとしても、商品を梱包して発送する手間が発生しますので、諸々の準備が必要となります。

着物買取の専門業者に依頼する

着物買取の専門業者を利用して売却する場合には、出張査定や宅配査定などいくつかの査定方法から選択することが可能です。また、査定は着物や帯の知識を持った査定員が行うことから、ほぼ適正な査定額を出してもらうことができます。

また出張査定の場合には、その場で商品を引き取ってもらえるうえ、査定額分の現金もその場で受け取ることができますのでおすすめです。

 

この3つの売却方法を比較すると、売却までの手間や時間、また適正な売却価格から「着物買取の専門業者に依頼をすること」が一番おすすめの方法です。

帯買取で気になる相場価格は?

帯買取で気になる相場価格は?

それでは着物買取の専門業者に査定を依頼した際に、帯の買取金額はどれぐらいになるのでしょうか。

帯の買取額は、品や状態によってとても幅があり、買取相場をお伝えするのもとても難しいのですが、あくまでも良い状態の品の相場(参考値)としてご紹介します。

まず袋帯については、正絹の生地の場合ですが、一万円以上が相場となります。もし帯が作家による作品だった場合は更に値が付く場合もあります。

また名古屋帯の場合ですが、袋帯に比べてカジュアルな帯ということで、数千円以上から、もし作家物であれば数万円以上ぐらいが相場となります。

半幅帯の場合には、一般的な帯とは異なり、帯としての格が低いことから数千円前後あたりとなります。但し、ウールやポリエステル等の素材の場合や大量生産品の場合には、値段は数百円程度など、非常に低くなると考えるとよいでしょう。

帯をなるべく高く売るために気を付けること

帯をなるべく高く売るために気を付けること

高く売れるはずの帯も、注意を怠ってしまうことで、低い査定額にむすびついてしまうことがあります。

そうならないための注意点についてご紹介いたします。

湿気に注意し、生地の乾燥を心がけましょう

帯は、高価なものは正絹で作られており、着物と同様に湿気によるカビや汚れ、シミ等に気を付ける必要があります。着物を着る機会の少ない人は尚更ですが、帯をタンスから出すことが年に数えるほどしかない場合には、定期的にタンスから出して、生地の乾燥を心掛けるようにしましょう。

証紙も揃えておきましょう

高級な帯には、購入時に「証紙」が付属しています。証紙はその帯の価値を証明できるものですので、購入時に付属していた証紙が有れば、査定時に揃えておきましょう。証紙が有ることで、査定員にも、また業者が再販を行う際にも購入者に価値を伝えやすくなるため、査定額も高くなることが期待できます。

まとめ:帯買取で知りたいその価値と相場!高く売るための注意点

まとめ:帯買取で知りたいその価値と相場!高く売るための注意点

帯は着物と同様に、正絹の生地の品や作家による作品も存在していて、帯によっては高額査定が期待できるものです。

査定への準備としては、定期的な生地の乾燥や、購入時に付属していた証紙が有る場合には揃えておくなど、事前にできる用意を進めましょう。そうすることで高額買取の可能性が高くなる場合もあります。

売りたい帯があったら、まずは着物買取の専門業者に依頼をして、しっかりした査定をしてもらうようにしましょう。