凛とした姿が美しい和装である袴ですが、正しい着方やたたみ方って知っていますか。今回は、一人で着ることができて、片付けられるように着方とたたみ方を紹介します。

袴を着るまでに必要なこと

まず下準備をしてきましょう。襦袢に衿芯を入れたら、隠れるまで丁寧に入れていきましょう。そして衿を留めます。次に着物を広げ、着物の衿の部分である首元を半分に折り曲げます。曲げた部分の中心部を固定します。だて衿がない場合はこのときにつけていきましょう。半分に折った箇所に重ね、ピンまたは糸で縫い付けていきます。これで下準備が出来上がりになります。次は肌着を着ます。タオルを1枚用意してウエストより少し上に撒いて腰紐で背中側に固定します。もう1枚タオルを用意して、タオルを一方にかけます。胸元の位置でV字に折り曲げ、もう片方の肩に乗せます。これらは着物を美しく着るための補正の作業になります。これが終わったら、片方ずつ襦袢の袖を通していきます。襦袢は中までしっかり綺麗にして左側が上になるよう重ねます。胸元のV字部分を綺麗に整えて、襟ぐりの隙間を拳1つ分開けます。腰紐をウエストよりも少し高い位置でしっかりと結びます。背中側に皺がよらないようしっかりと伸ばします。腰紐を撒いた上に伊達締めを1周させ締めてからもう1周さえて前で結びます。あまりの生地は巻いた部分の下に入れ込みます。それが終わったら、ようやく着物を着ていきます。襦袢と同じように皺を伸ばしながら着て腰紐をウエスト部分より上で巻きます。その上から伊達締めを撒いて固定します。

帯を結び、袴を着付ける方法

帯はリボンの形に結びあげます。それが出来上がったら、袴を広げて中央に経ちます。帯が2、3cm見える程度まで袴を上げてその位置で紐を帯のリボンの上でクロスさせ結んでねじり固定します。そのまま帯の下まで持ってきて前で並行に重ね、再び後ろに持っていきます。そして、リボンの下の位置で結びます。紐を固定したら袴を持ち上げリボンの上に乗せます。リボンを包むようにしっかりと乗せて両脇の2本の紐を前に持っていき、前でしっかりと結んだらできあがりです。  

袴の正しいたたみ方

袴を平らなところに広げて前後のヒダが折り目にそって整うように揃えてください。裾から1/3くらいのところを、バラバラにならないよう丁寧に内側に折り返します。腰板のついている部分を同じように折り返し、裾の上に重ねていきます。折り返したら袴の向きを変えて前紐が輪になるように内側に折りたたみます。両側から伸びる紐を斜めに重ねて置き、後ろの短い紐を重ねた紐の下から上にくぐらせます。それぞれを斜め下に折り、折り畳んだ前紐と平行になるようにして置きます。クロスしている左右の前紐の下をくぐらせ上に引き上げた紐をそれぞれ半分の長さに折って、それぞれ逆側に出るように通していきます。前後の紐で結び合わせた部分を引き締めて形を綺麗に整えたらできあがりです。袴は、保存状態がよかったり、作り手が有名だったりした場合は高額で買い取ってもらえることがあります。正しく着用し、綺麗にたたまれて保存されていたものほど状態がよく、高値で買い取ってもらえる可能性が高まります。ぐちゃぐちゃにして適当に保管するよりは正しいたたみ方で保管しておいて、いざというときに買い取って欲しい場合は買い取りのお店に査定してもらうとよいでしょう。