振袖の柄には時代を反映した流行が見られるものがあります。それほど極端ではありませんが、年数が経過するとやや古い印象を受けることもあります。こうした流行に左右されにくい振袖にはどんなものがあるでしょうか。

                          

長く着られる振袖を誂えるなら?

振り袖はレンタルも増えていますが、呉服店で誂える家庭もあります。振袖は、既婚者は着られないため、一生を通じて着用できる時期は限られます。未婚でも年齢に応じて着るのを控える人は多いようです。しかし、柄によっては結婚後に訪問着に仕立て直すこともできます。柄の選び方次第では長く楽しめる振袖もあるのです。訪問着などは袖を短く仕立てるので、仕立て直しを想定した色柄を選んでおく人も少なくありません。さらに家紋を入れて作っておけば格式の高い訪問着になります。無地の反物で作ったものなら色無地になりますし、帯や小物類を変えれば冠婚葬祭で着用できて重宝します。振袖は洋服ほど目立ったものではありませんが、その時代に応じて緩やかな流行が見られるものも出ています。流行の柄はレンタルで楽しみ、作る時には後で仕立て直しができる柄を選んでおくと振袖は長く楽しめます。

親子で受け継ぐ家庭も!古典柄の魅力

振袖を親子で受け継ぐという家もあります。また、姉妹がいれば姉の着物を妹が譲り受けるという人もいるようです。着物自体はやや古いものでも、帯や帯揚げ、帯締めなどの小物を新しいもので揃えて違う雰囲気を出すのも着物の楽しみ方ではないでしょうか。特に、古典柄の場合は流行に左右されることがあまりないため、着る時代を選びにくいのが大きな利点です。そのため、長く楽しみたい場合には古典柄の振袖を選ぶ人もいます。古典柄に使われる柄の多くは、一つ一つに意味があります。魔除けや縁起の良いものなど種類も豊富で、場所や季節に合わせて好んで着る人もいます。特に振袖はおめでたい時に着る着物なので吉祥を意味する古典柄を使うことが多く見られます。松竹梅や桜、青海波、流水、霞、七宝、鹿の子などは、振袖にも良く使われている古典柄です。


時代に左右されにくい振袖の利用法とは?

年齢に合わせて仕立て直したり、大切に着用して家族で受け継いだりという以外にも振袖を上手に活用する方法はいろいろあります。特に、古典柄など時代にあまり関係なく着られる振袖なら、良い状態で保管しておくことで売却するのも可能です。着る機会がない場合や次に着用する人がいない時には、買取してもらいましょう。着物はいくつかのランクがあります。買取業者にもよりますが、10年以内に購入した振袖や訪問着などが高値で買取しやすい条件とされています。購入時期以外で査定に考慮されるのが、流行に左右されない柄や仕立て直しが可能かという点です。自分の振袖が売れるかどうか不安な場合は、出張買取で一度見てもらうという方法もあります。査定してもらってもキャンセルできるので、店舗まで足を運んだものの納得がいかずに持ち帰るという手間がありません。そのため、着物を売る時には出張買取を利用する人は増えています。処分したい枚数が多い時や、貴金属など他にも売りたいものがある人には重宝されています。