成人式や卒業式、親族の結婚式などでは振袖を着る人もいるでしょう。着る際には帯の結び方や合わせる草履のデザインなど、着付けの要素はもちろん重要ですが、それらに合わせる髪型も大切なひとつのポイントです。今回は振袖に似合う髪型を3つ厳選してご紹介します。

アップスタイル:夜会巻き

おしとやかなイメージの着物姿にふさわしく、上品な印象の夜会巻きは、着物姿の定番ともいえる髪型です。縦のラインが強調されるのでまとめ髪がよりすっきりと見えます。この髪型はちょっと髪を束ねたりおだんごにしたりするのと違って、形を整えるのが中々難しいようです。そのため、自分でするより美容師にお願いする方がきれいな仕上がりになるでしょう。夜会巻きにするだけでも十分美しいですが、振袖を着るときには髪も華やかに飾ってみてはいかがでしょうか。かんざしをさしたりコサージュをつけたりすることで、さらに華やかになります。大きい飾りは苦手という人は小さな花の飾りを少しつけるのも素敵です。

アップスタイル:シニヨン

シニヨンはバレリーナの頭を想像してみてください。まさに、おだんご頭のまとめ髪そのものです。ポニーテールを作ってネットに髪を入れて作るまとめ髪のシニヨンは夜会巻きよりも簡単ですので、自分でもトライしやすいです。普段からバレエをしている人は手馴れたヘアスタイルのはずです。夜会巻きも素敵ですが、美容師に頼らずに自分でできる範囲でセットするのであればシニヨンにしてはいかがでしょうか。すっきりとした髪型のシニヨンは着物姿にもよく合います。自分でする際のポイントは髪がほつれてこないようにワックスやスプレーでしっかりと固めることです。夜会巻き同様に髪型そのものはシンプルですので、かんざしやコサージュをつけることをおすすめします。和柄のシュシュがある場合はそれをかぶせても良いでしょう。前髪はバレリーナのようにオールバックにしても良いですし、下ろしてちょっと巻いても良いです。シニヨンの印象は、前髪でずいぶん変わります。たとえば、振袖がピンクなどかわいらしいデザインのものであれば、下ろしたほうが可愛らしいイメージによく合います。自分が着る予定の振袖のデザインと相談して選んでみてください。


ダウンスタイル:ハーフアップ

着物姿ではアップスタイルが一般的ですが、どうしてもダウンスタイルにこだわりたい人やまとめ髪にするには少し長さが足りないという人にはハーフアップがおすすめです。サイドの髪の毛を後ろでひとまとめにするスタイルですが、これだけでは日常でもよく見られるヘアスタイルに変わりありません。そこで、サイドに編み込みを入れたり、お団子をつくったりしてみましょう。成人式など、とりわけ髪型にこだわりたい日にはいくつも編み込みを入れるなど凝った髪型に見られるようにしてみてはいかがでしょうか。下ろした部分は髪の美しさが強調されるストレートでもきれいですし、毛先をワンカールさせるとちょっとかわいらしい感じになります。髪全体にふんわりとパーマがかかっている場合はヘアアイロンで伸ばして無理にストレートにしなくても、そのままで十分かわいいです。