袋帯は、訪問着や留袖など礼装に用いることの多い帯です。中でも、繊細な織り技法が人気の西陣織は礼装の袋帯として使用されることが多く、長く愛用する人もいます。西陣織の長い歴史と魅力を紹介しましょう。

袋帯は持っていると重宝な帯

帯の種類はいくつかありますが、袋帯は着物を着る機会がある人なら持っていることの多い帯です。帯の種類は半幅帯、兵児帯、名古屋帯、袋帯、丸帯などがあります。その中で普段着の着物に合わせるのが半幅帯、兵児帯、名古屋帯です。半幅帯と兵児帯は浴衣に合わせるものなので、知っている人も多いかもしれません。丸帯は帯の中でも最も格式が高いもので、一番の特徴は裏も表も柄が施されていることです。長さもあり、主に婚礼衣装や飾り結びの多い成人式の振袖といった礼装用として使われます。そして、袋帯は丸帯に次いで格式のある帯です。標準的な長さは4m30cm程で、やや長めにしたい場合は4m50cm前後で作る人もいます。丸帯同様美しく豪華な織り柄が特徴ですが、袋帯は表だけに柄が入り、裏には入っていません。柄が帯の全体に模様としてまんべんなく入っているものを「全通柄」と言い、巻いた時に見える部分だけに柄を入れたものを「六通柄」と言います。そして、お太鼓結びをした時にお太鼓の部分を中心に柄が出るようになっているものを「太鼓柄」と言います。お太鼓に結ぶならどの柄でも問題はありませんが、変わり結びをする時には「全通柄」の方がどの結び方もきれいに柄が出ます。礼装に用いる帯という位置付けなので、訪問着や留袖、振袖には袋帯を合わせます。袋帯で締めるお太鼓結びは「二重太鼓」と言い、名古屋帯で締める一重のお太鼓結びより格式が高いものです。礼装以外でも小紋や色無地などに合わせて、観劇や食事などのおでかけやお茶会に締める人もいます。袋帯は、礼装用にも普段着としても使える重宝な帯です。

西陣織の歴史と魅力

西陣織は、京都の織物を総称した名称です。帯以外にも着物や和装小物などに使われていますが、時代と共にさまざまなものが作られるようになり、近年ではネクタイやポーチなど多岐に渡ります。西陣織には綴(つづれ)や錦、緞子(どんす)、朱珍に絣、紬などがあります。複雑な織りで繊細な柄を表現する緞子は、金糸が使われることも多く、婚礼衣装など格式の高い礼装によく用いられます。西陣織は、緞子に代表されるような華やかなものが特徴としてイメージされることが多いようです。西陣織の歴史は古く、その起源は5?6世紀まで遡ります。この頃、養蚕や織物の技術が大陸から伝わったのが始まりとされており、その後、朝廷に献上する織物として織られるようになります。そして、長い年月を経て、江戸時代以降は少しずつ庶民にも使われるものに変化しました。金糸や繊細な織りで作られる西陣織は、華やかな礼装用の袋帯として好まれています。袋帯の生地の多くは正絹です。近年は低価格な帯として化繊も増えていますが、化繊は滑って緩むものも多く、着崩れしやすい傾向があります。長時間の着用で着崩れを防ぐためにも、正絹であることは人気の理由のようです。


一生ものとして持ちたい帯

袋帯は、留袖や訪問着など格式の高い着物に合わせられるだけでなく、柄を抑えれば普段着としても使える便利なものです。使い用途が幅広いので持っていると重宝ですが、中でも礼装用として持つなら西陣織の袋帯という人も少なくありません。西陣織の袋帯は中古で出回ることも多く、呉服店でもよい値段で出ていることがあります。帯は仕立てる時に芯を入れますが、この芯の硬さで締めやすさも変わります。型くずれしにくいのは硬い芯ですが、結ぶには柔らかさもないと締めるのが難しい人もいます。袋帯を作る時には硬すぎないよう、適度に柔軟性のある芯で仕立てるのも長く楽しむポイントです。訪問着や留袖、家紋入りの色無地など晴れやかな場所や礼装に使用する袋帯として購入するなら、華やかで絢爛豪華な西陣織はおすすめです。