着物は、適切な場所に保管して手入れすることが求められるデリケートなものです。保管する場所や手入れの仕方を間違えると色褪せや虫食いの原因になります。着物に合った環境を整え、適切にお手入れをしましょう。

                          

着物にはやはりコレ!まず重要なのが保管する箪笥

着物は持っている枚数や小物類の数でも、人それぞれ保管場所は異なるようです。例えば、嫁入り道具の一つとして喪服や訪問着、小紋といった最低限の着物を何枚か所有しているという人の場合は、着物用に箪笥を一竿用意するというよりも、他の衣類と同じ箪笥の一部を使用するということは珍しくないようです。また、数枚程度収納できる着物用の衣装ケースに入れる人もいます。これは昔の長持と同じような役割をするもので、着物を少し入れて保管する場合に重宝されています。この衣装ケースに収納してクローゼットに入れておく人も多いようです。 着物を収納するには、どんな箪笥を使うのが理想的でしょうか。一般的に着物用の箪笥として最も多く使われているのは桐箪笥です。桐は湿気を防ぐ上に密閉が良いことで、防虫効果が高いと言われています。他の木材と比較すると柔らかく、丁寧に扱わないと表面にキズがつきやすい欠点はありますが、その分、余計な湿気を吸収してくれるという特徴があります。その特徴が着物や貴重品の保管に適しているのです。着物の保管用に箪笥を購入する時には桐箪笥を中心に選びましょう。中でも、総桐の箪笥は密閉度もより高くなります。

これも重要!着物に直接触れる「たとう紙」を換えるタイミングは?

着物はたとう紙に包んで箪笥に入れます。たとう紙は和紙で作られているものが一般的ですが、湿気を吸収しやすいので、着物をカビなどから防ぐ役割もあります。他には、着物を1枚ずつ包むことで他の着物からの湿気が移ったり、カビや色移りの原因を作りにくくしたりしてくれます。普段、着物を着る機会がない人は、ずっと同じたとう紙を使い続けてしまうことも少なくありません。実は、これは着物をいためてしまう原因にもなります。たとう紙は表面の色が茶色くなったり、くすんできたりしたら交換しましょう。そのまま使い続けていると着物が変色したり、たとう紙から湿気を吸ってしまったりすることもあります。また、防虫剤や乾燥剤の適切な使用も、着物のコンディションを良好に保つには必要です。そして、着物を着ない人でも年に1?2回程度は箪笥から着物を出して1枚1枚広げて陰干しをしましょう。色褪せやカビなどの異変にも気づきやすく、早めに対処ができます。


保管状態が良い着物は買取も可能

着物は、持っている枚数に合わせて桐箪笥や桐の衣装ケースに入れて保管することで、良い状態を保ちやすくなります。たとう紙の適度な交換に加え、防虫剤や乾燥剤を適切に使用しながら時には陰干しをしましょう。着物は、丁寧に手入れをすることで何年も大切に着ることができます。ただ、高価なものが多いので、着なくなってしまった時には捨てずに近しい人に譲って着てもらうのも良い方法です。また、買取業者も増えているので、身近に譲る人がいない場合には買い取ってもらうのも良いでしょう。保管状態の良い着物は、買取価格も高値がつきやすくなります。