着物を着るときにどんな髪飾りが良いか悩む人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、着物姿によく合うものを厳選してご紹介します。成人式や結婚式の参列などで着物に合わせる髪飾りに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

揺れるかんざし

和服の髪飾りの定番です。和服に合わせるものに迷ったらかんざしを選べば間違いないでしょう。ただ、飾りに珊瑚や翡翠など高級品をあしらったものはけっこう値段も張ります。購入するとなればそれなりにお金もかかるので、予算との相談も必要になってくるでしょう。かんざしには揺れるものとそうでないシンプルなものがありますが、見栄えがするのは揺れるものです。動きに合わせて揺れてくれるので可愛らしい感じが出ます。さらに古代には狩猟をしていたこともあって、男性はロングピアスなど揺れ動くものをつい目で追う傾向にあるといわれています。そのため、異性の目に留まりやすくなることも一つのメリットです。着物でおめかしをした日には揺れるかんざしがおすすめです。揺れるデザインであれば、値段は高いものでなくても構いません。髪飾りのデザインにもちょっとこだわって、ぜひとも素敵な男性の目に留まりたいものです。

花のコサージュ

パーティドレスやワンピースなどのフォーマルウェアで胸につけるコサージュがありますが、着物を着た時の髪飾りにも使えます。なるべく大きいものを選ぶと見栄えがします。つける際にはコサージュのみ大きなものを一つだけつけることがポイントです。コサージュをつけているにもかかわらず、かんざしなどをあれこれつけてしまうとごちゃごちゃとした感じになってしまいます。これではあまりきれいな感じがしません。着物姿はあくまでも着物が主役ですので、着物より髪型が強調されないように気をつけたいものです。着物の柄とコサージュの相性ですが、着物の柄がバラなどのモダン柄であれば、とりわけ洋花が似合います。和洋折衷で使えるゆりは和柄の着物にもよく合いますよ。また、コサージュ選びの際は着物の色ともよく相談して着物によく馴染む色を選びましょう。青など寒色系の着物なら水色や紫、赤など暖色系ならオレンジやピンクといった感じです。


和柄のシュシュ

ドットやストライプなど様々な柄があるシュシュも和柄を選べば着物仕様になります。リーズナブルなものが揃うアクセサリーショップでは、手頃な値段で売られています。特に、成人式のシーズンや浴衣のシーズンなどには柄も豊富にあるでしょう。千鳥柄や矢絣柄などはなるべくシンプルな柄を選びたい人におすすめです。華やかにしたい場合は赤など派手な色使いの花柄を選ぶと良いでしょう。着物を着る予定があれば着るときを見計らってあらかじめ一つ買っておくと着物を着た時に役立つかもしれません。一般的に着物ではまとめ髪にすることが多いようです。シュシュを使用する場合は、おだんごヘアにしてシュシュをかぶせると可愛らしいまとめ髪になります。かんざしやコサージュは大人っぽくなりますが、シュシュは可愛らしいイメージがあります。そのため、七五三や十三参りなど子供の着物姿にもふさわしい髪飾りといえるでしょう。