着物買取リサイクル

ご自宅の箪笥に眠っているたくさんの着物。

この先着る予定が無くても、成人式の記念で買ってもらった振袖やお母様から譲り受けた留袖など、そのまま捨ててしまうには忍びないですよね。

そんな時に使ってみたいのが『着物買取』サービス。

不要な着物を買い取ってもらえるので捨てることなくリサイクルできます。

今回はそんな着物買取をはじめとした着物のリサイクルについて、紹介していきます。

不要な着物のリサイクル方法とその特徴

着物買取リサイクル方法

時代の変化と共に、着物を着る機会はますます少なくなってきています。

しかし不要になってしまった着物とはいえ、ご家族から譲り受けた着物であったり、ご自身で着用していた思い出の着物など、捨ててしまうには忍びないですよね。

ここではそんな着物のリサイクル方法について、いくつか紹介します。

【リサイクル方法①】着物をリメイクする

古くなってしまい、着るのに抵抗を感じる着物をリメイクするのが密かなブームとなっています。

きんちゃく袋や小物入れ、洋服のポケットやカバンのポケットなど、様々な形で着物がリメイクされています。

着物のリメイクは、リサイクルのポピュラーな方法として専門誌でも取り上げられることも多いようです。

【リサイクル方法②】着物の販売店へ持っていく

着物の販売店によっては、着物の買取はもちろん、引き取ったりするところもあるようです。

着物の販売店ならではの知識や専門性は信頼できますから、自分が大切にしてきた着物を任せるのも良いでしょう。

ただし、着物の販売店すべてが買取や引き取りを行っているわけではありませんので確認が必要です。

【リサイクル方法③】着物をオークションに出す

自分で着物を販売をする手段のひとつとして、インターネットオークションがあります。

この場合、着物を売る時の値段を自分で決めることができるので、着物を捨てずに高値で売りたいという方にはおすすめのリサイクル方法です。

ただし、出品のための準備や売れた後の発送は基本的に全てご自身で行わなければならず、慣れていないと思った以上に手間がかかります。

そして必ず売れるという保証はないので、いつまでたっても買い手がつかないということも十分にありますのでご注意下さい。

【リサイクル方法④】着物を親戚や友人に譲る

不要な着物ならば、着物好きな友人や親戚に譲るという方法もあります。

小さいお子様がいらっしゃる家庭ですと親戚から七五三の着物を貰うということもあるようです。

お手元の着物の友人の好みがあっていれば、譲るのも良いでしょう。

しかし着物はサイズ感や色柄など、好みの問題もあるので貰い手がいない場合もありそのまま箪笥に眠るというパターンも多く聞かれます。

リサイクルショップで着物を買取査定に出す際の注意点

着物買取リサイクル注意点

着物買取を行う業者のひとつとして、リサイクルショップが挙げられます。

取り扱い品も多岐に渡り、雑貨から洋服・家電製品など見ていて飽きないラインナップがあるのが特徴です。

そんなリサイクルショップは近年、着物や帯・和装小物の取り扱いも増えてきましたので注目が集まっています。

しかしリサイクルショップで着物を買取に出す際には、いくつか注意点があるので紹介していきます。

リサイクルショップでの着物買取査定

着物リユースの需要増加と共に、着物製品を取り扱うリサイクルショップも増えてきました。

しかしリサイクルショップの中には、思った以上に安い査定結果になってしまうケースもあるため注意が必要です。

この理由として、リサイクルショップは取り扱い商品が多岐に渡るため、各商品の専門性が低いことが挙げられます。

特に着物の価値を見抜くためには、着物に関する幅広い知見を必要とするため、着物とは異なるジャンルを何百点と取り扱っているリサイクルショップですと汚れのあるなし程度での査定にとどまってしまうことも多く、有名作家の着物や有名産地の着物など、『着物の価値』を見落としてしまうケースがあります。

ですから着物の価値にこだわりがなく、捨ててしまうよりはマシとお考えの方ならばリサイクルショップでの着物買取は良いかもしれません。

着物はリサイクルショップより着物買取専門店へ

新品で購入する着物の価格帯には大きく分けて2種類に分類されます。

ひとつは老舗呉服店で購入する場合や百貨店で購入する場合。

この場合、着物に誂える前の反物の時点で着物作家や産地の工芸品が多く該当し、加えて購入者の体のサイズに合わせて仕立てられます。

そのため素材としての着物の値段、そして購入者のサイズに合わせて作成させるので注文してから一枚の着物に仕上がるまで長い時間がかかります。

反対に量販店で売られている元々のサイズが決まっている着物があり、こちらは安価ですから気軽に着物を楽しむことができます。

着物買取において高値が付く着物というのは老舗呉服店や百貨店で購入された着物となり、安価な着物は値段が付きにくい傾向が高く、リサイクルショップでも同様です。

着物の買取で最も重視すべきは『着物の価値を見落とさない』ことであり、そういった意味で着物の価値を的確に見抜くことができるのは着物買取専門店であると言えるのです。

着物をリサイクルする際に買取価格が付かない場合も?

着物買取リサイクル買取価格

お気に入りの着物をリサイクルしようと、買取に出したけれど値段がつかなくてガッカリした経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

着物買取では、着物の種類や状態など、様々な要因で値段がつかないと判断されてしまうケースがあります。

ここでは、そういった買取価格が付かないケースとともに、買取価格をきめるうえでの重要なポイントについて紹介していきます。

着物買取査定では『生地の素材』が重要

着物は様々な生地を用いて作られており、正絹(絹)、麻、木綿、ウール、ポリエステル(化繊)など大きく分けて5種類に大別されます。

着物の買取価格を決めるうえで、「生地の素材」は重要で、正絹・麻・木綿などが主要な着物買取素材として挙げられますが、ウールや化繊の買取需要は低い傾向にあります。

着物の買取価格を決めるもう一つの条件『状態』

着物買取で価値が決まるポイントは”再販価値がどれだけあるのか”というところです。

ですからどんなに需要のある種類の着物や価値の高いものであったとしても、汚れやシミ・破れといった状態になると再販しにくいということになり、総じて値段をつけるのが難しくなります。

着物を高くリサイクルするならとにかく『状態』を重視しよう

着物買取リサイクル状態

着物を高く売るためには、保存状態はとても重要なポイントと言えます。

着物は一度着用しただけであっても素肌に触れるような衿や首元は、まず汚れてしまいます。

素材によっても汚れにくい・汚れやすいというのはありますが、正絹(絹)は特に汚れやすく、デリケートな性質があります。

また着物は、洋服のように着用のたびに洗濯するとかといったことがなかなか難しく、着用後の細かいお手入れには気を使う必要があります。

着物専用のクリーニングに出すことはできますが、洋服のクリーニングに比べて安くはありませんので定期的にというわけにはいきません。

そこで着物の価値を少しでも長く保つために欠かせないのがお手入れ。

着用のたびに汚れを払ったりしまっている間にも湿気がたまらないように、空気の入れ替えや虫干しなどをしておくと良いでしょう。

着物リサイクルのまとめ

綺麗にして使い直したり、小物入れや洋服にリメイクしたり、買取ってもらってお金に換えたりと、様々な方法で着物がリサイクルされています。

同時に、そうした近年の着物リサイクルブームの影響で、着物の買取市場は活況を見せています。

その影響もあり着物を取り扱う業者も一段と増えてきました。

そんな時代だからこそ、着物を買取ってもらったり、リメイクしてもらったりする際の業者選びは慎重に行っていきましょう。