不要な羽織は着物買取へ!相場や高額買取のコツ

近年、着物を着る人が少なくなったことにより、着物に付随する物も流通が少なくなってきてしまっているのも現状です。

そのひとつに羽織があげられます。今回は、その羽織の買取について紹介します。

不要な羽織は着物買取専門店に買取に出そう

羽織とは?

羽織とは、着物の上に重ねて着る物として親しまれています。羽織は、普段着に合わせて着る機会が多く、紋付きは、略礼装として、着られてきました。

また、着物の上に羽織るものとして、道行コートというものがあります。どちらも礼装には向きませんが、道行コートは、普段着として着るのがほとんどです。

羽織の処分に困ったら着物買取で

着物同様に、羽織も処分に困ることがあるでしょう。

着物を持っている人が少ない中、羽織も着物を持っている人が必要としているので、ニーズとしてはあまり高くないと判断できます。

しかし、羽織の買取を行っている業者はあります。その買取価格の幅は、非常に広いと言えます。

着物買取で取り扱っている羽織について

一般的に黒の絵羽織は、着ていく場所が限定されているので、ニーズがあまり高くなく、買取が難しいこともあるようです。

その羽織以外は、状態にもよりますが、高額買取が期待できます。

気になる羽織の買取価格、買取相場はいくらくらい?

上記でも簡単に説明しましたが、羽織の買取価格は非常に幅が広いのです。

羽織の着物買取での相場について

一般的に、振袖や訪問着のように、単品でも着こなすことができる物に比べると、羽織の買取価格は低くなってしまう傾向にあります。

羽織の買取価格が高くなるものについて

しかし、そんな中でも、高額買取の可能性がある羽織があるのも事実です。

まず、高額買取が期待できる羽織は、作家物の羽織です。落款があり、有名な作家物に関しては、羽織に限らず、高額買取のチャンスです。

また、羽織は意外と、作家物だと知らずに持っている方も多いので、是非とも確認しておきたいポイントです。

次に、高額買取が期待できる羽織は、柄や色彩の珍しさです。スワトウなどの特別な柄があしらわれた羽織は、高額買取の可能性があります。

羽織を高額買取してもらうために

では、実際に羽織を売る際に、1円でも高く買取をしてもらうポイントを紹介します。

羽織の高額買取のポイントについて

上記でも触れましたが、高額買取のポイントは、有名な作家や有名な産地であるかどうかです。

羽織の中には、保証書がついているものもあり、この保証書の内容によっては、高額買取の可能性が非常に高いと言えます。

次に、柄や色などによるデザイン性が高いものも高額買取になる可能性が高いです。

一昔前に流行った、総絞りの羽織は、もちろん、スワトウなどの羽織も高額買取になることがあります。

また、刺繍など人の手間がかかった芸術性のあるものも、高額買取に期待できます。

保管状態と保管の注意点について

続いて、保管状態などもとても大切なポイントです。

一般的には、たとう紙にしまっていることがほとんですが、これは保存状態を良好に保つうえで重要な保存方法と言えます。

羽織に限らず、着物類は、湿気にとても弱く、畳紙のように湿気を吸収する物が周りにある方がベストでしょう。

しかし、それぞれ湿気を吸収するのにも限界があり、2年に1度は、畳紙などの着物を保存している入れ物を交換する必要があると言われています。

また、1年に2回は外に出し、ハンガーなどで虫干しをすると良いでしょう。

羽織を売るなら着物買取専門店で査定してもらおう

上記のポイントを抑え、実際に着物買取専門店に買取の依頼をするときにポイントを紹介します。

羽織の着物買取について

着物買取専門店では、業者取引で行われていることが多く、とくにレンタル業者に流れることが多いのです。

そのため、買取価格は着物を借りる人たちのニーズに起因していると言っても過言ではないでしょう。

それらのニーズと照らし合わせて、着物買取専門店は、羽織の買取を行っていきます。そのため、業者によって価格に幅があるので、ひとつでも多くの業者に依頼をし、相見積もりを行いましょう。

着物買取なら羽織もきちんとした査定を受けれる

上記の理由から、羽織のニーズがある販路を確保しているからこそ、着物買取専門店では、羽織の買取を行うことができますので、一度査定に出すことをおすすめします。

買取依頼をすることが1円でも高く売るポイント

思わぬ羽織が高額買取になることがあります。

特に作家物は、知らずに持っている方もいたりするので、一度、プロの査定員に見てもらうのがいいと思います。

その際に大切なのは、価格の結果に一喜一憂するのではなく、いくつもの業者と価格を比べてみることが大切です。

また買取の依頼をする際には、事前に呉服屋さんなどに行き、価格帯の把握をしておくことで、業者との交渉材料になります。

できる限りの準備をして、買取依頼をすることが、1円でも高く売るポイントといえるでしょう。