紬ってどんな着物?着物買取に出す時の注意点

かつて多くの方に親しまれてきた着物ですが、近年、着物の在り方が見直されてきています。

時代は回帰すると言われているように、着物が流行り始めているのも事実です。

ところが、最近の若い世代には、着物に違いがあるということをあまりご存知の方がいらっしゃらないように思えます。

着物の中でも、普段着として多くの人に親しまれてきた『紬』について、紹介します。

紬の種類と特徴

紬は、蚕の繭から糸を取り出していく際に、ひねりをかけ頑丈な糸として仕上げて作られる織物のことを指します。

この紬は、頑丈なため、非常に持ちがよく、かの有名な大島紬は、三世代まで続くといわれるほどです。

また、絹にも関わらず絹らしくない落ち着いた光沢感を纏い、そのサラサラとした手触りは、日常で着るうえでとても心地の良い着心地となります。

そのため、多くの方に人気を博し、現在でも大勢のファンがいる着物のひとつとなっています。

紬の着物の特徴や種類について

紬は作られる土地によって、特徴などに違いがあります。

有名な『大島紬』は、鹿児島県奄美大島原産のもので、泥大島や草木染大島、白泥染めした白大島など、その種類は非常に多くあります。

元々は普段着として親しまれてきましたが、その精巧な神秘性からお洒落着へと格があがり、いまでも根強いファンがたくさんいます。

次に、『牛首紬』という紬があります。これは石川県原産の紬で、その作りは、非常に頑丈であると言われています。

その頑丈さを作り上げる理由は、玉繭にあります。玉繭とは、2以上の蚕が作った繭のことを言い、この繭は通常の、繭に比べ頑丈なモノとなっています。

この玉繭を使用することにより、牛首紬の頑丈さを作り上げることができるのです。

次に『結城紬』があります。この結城紬は紬らしくない紬として、多くの方の憧れになっています。

紬らしくないとは、一般的にサラサラしている紬に比べ、手触りがふわっとしていてとても保湿性のある着物として親しまれています。

また着れば着るほどなじむ着物として、史上の着物と言えるでしょう。

着物買い取りにおける『紬』という着物

そんな、紬ですが、買取はどうなのでしょうか。

着物の買い取りについて

そもそも、紬以前に現在、着物の買取は非常に活気を帯びています。

というのも、着物世代の方々が次々と着なくなった着物を売りに出しているため、着物レンタルの幅が広がり、着物をレンタルする若者が増えたことに起因とすると言われています。

紬の着物の買い取りについて

紬もそのひとつとなっています。

着物買取市場に活気があるため、紬を購入する選択肢が増え、紬ファンが増えているのが現状です。

そのため、紬にも高額買取の可能性があります。

紬は着物買取で高値が付く可能性も

上記でも簡単に触れましたが、紬は、高額買取の可能性があります。

高額買い取りされる紬の着物の理由について

紬は持ちがよいので、舞台の練習や着付けの練習などで使われたりすることも多く、ニーズは非常に高いのです。

また、大島紬や牛首紬など、ブランドものによっては、超高額買取の物がたくさんあります。

思わぬものが大島紬だったりすることもありますので、一度査定に出すことをおすすめします。

高額買い取りされる紬のおおよその買い取り相場

肝心の着物の買取相場は、日々変動するため、一概に言えないとうのが正直なところです。

しかし、産地や作家によっては、高額になることもあり、状態などにもよりますが、100万円を超える買取価格になる場合もあり得ます。

紬の査定を受けるなら着物買取専門店がおすすめ

実際に紬などの着物を売る際には、業者選びはとても大切なポイントです。

紬の着物買い取りで着物買い取り専門店を選ぶ理由

一般的に着物の買取は、着物買取専門店に依頼することをおすすめします。

一般のリサイクルショップなどでも買取をしていることが多いのですが、着物買取専門店では、着物に特化しているため、査定員のレベルが高く、多岐に渡る販路を持っているため、高額な買取価格を提示することができるのです。

リサイクルショップやネットオークションではどうか?

リサイクルショップやネットオークションでも着物は売れるでしょう。

試しにそれらの価格帯を見てみることをおすすめします。もうすでにみられている方は、安い値段にびっくりされている方も多いでしょう。

というのも、リサイクルショップやネットオークションを利用する消費者は、着物のみを求めて来る事が少なく、その着物をめぐる競争率が低いため、価格が上昇しないという理由が一因として考えられます。

なので、リサイクルショップやネットオークションを活かしていくためには、売れなかった着物などを出す最終手段として利用していくことをおすすめします。

紬の買い取りで重要な『証紙』や査定の際の注意点

紬に限らず、着物の買取には予め準備が必要です。それは、相場と業者の把握です。

業者によっては、相場を知らないことを理由に安く買い取られてしまうケースもありますので注意が必要です。

実際そのような業者はほとんどありませんが、念には念をという意味で、知っておくことが必要です。

相場の把握をするには、実際に呉服屋さんや、レンタルショップに行き、足を運び、その目で確認をすることが良いでしょう。