着物買取における銘仙着物のアンティーク着物としての価値 銘仙着物をご存知でしょうか。 現在では、着物の在り方が変わり、持つ時代から借りる時代へと変化してきています。 この変化から、新たに着物に注目が集まるようになりました。 そして、かくいう銘仙着物も現在だからこそ見直されてきています。今にしかない銘仙着物の価値について、紹介します。

女性の普段着として普及した『銘仙』

銘仙とは?

そもそも銘仙とは、何なのでしょうか。 銘仙とは昭和初期頃(昭和10年)までに作られた着物を指します。 この銘仙は、アンティークとして人気があり、年代物であるがゆえに、着物の骨董品とも言えるでしょう。 また、用途としては、普段着として使われることが多く、またデザインによってはお洒落着として、日本全国で親しまれていました。

銘仙着物の特徴や流行歴史やの時代背景についての記述をお願いします。

銘仙着物の特徴としては、経糸と緯糸をずらすことにより、色の境目があいまいになり、結果的にぼんやりとして柔らかな雰囲気を纏った着物として、流行しました。 そもそも『銘仙』とは平織りで作られた絹織物を指します。 この絹織物で製作された着物を銘仙着物と言います。一般的に女性の着物として使われることがほとんどで、当時の女性たちは、こぞって銘仙着物を日頃着ていたようです。

銘仙着物の産地ごとの特徴

銘仙として、有名な銘仙5大産地を以下、紹介していきます。

足利銘仙着物の特色やポイントについて

栃木県の足利で生産された絹を使っており、一般的に、先染めをした平織物を足利銘仙着物と言います。 この足利銘仙着物の特徴は、鮮明度が強く、触った感じ、とてもしっかりとしている手触りです。

桐生銘仙着物の特色やポイントについて

桐生銘仙は、とても貴重な銘仙であると言えます。 というのも、桐生は日本を代表する織物の産地であることを誇りとし、銘仙を作ることを恥としてきました。 桐生銘仙が生まれることとなった経緯は、諸説ありますが、一時期仕事が無くなってしまった時期や足利に対抗したために、作られたという見方が一般的とされています。 また、絣柄や小柄などが、この桐生銘仙の特徴となっています。

伊勢崎銘仙着物の特色やポイントについて

伊勢崎は銘仙を生産した産地として、銘仙5大産地に君臨しております。 この伊勢崎銘仙着物は、大きな草木花柄が特徴で、首都圏を中心に、多くの女性に親しまれていた銘仙として有名です。

秩父銘仙着物の特色やポイントについて

2013年12月26日、この秩父銘仙着物は、国指定伝統的工芸品として指定されました。 かつて、秩父ではその山に囲まれた地形もあり、養蚕業がさかんで、多くの着物を作っていたとされています。 そんな中で特に、太織という着物が大衆の普段着として人気を博し、後にこれが、『秩父銘仙着物』と呼ばれるようになりました。 この秩父銘仙着物の特徴は、独特の光沢感があることです。 これは、秩父ならではの技法であるほぐし捺染と呼ばれる技法を使い、角度によって、色の見た方や光り方が変わる独特な光沢を作り上げている。

八王子銘仙着物の特色やポイントについて

八王子の織物の歴史は長く、17世紀にまで遡るとされています。 かつて八王子は『桑都』と呼ばれ、養蚕業が盛んな町でした。この町で生まれたのが、八王子銘仙着物となります。 この八王子銘仙着物は、カピタン織りという技法を使い、他の銘仙よりも高級感のある色味を出すことが特徴とされています。

産地によっては高額買取も!銘仙の買取について

普段着や洒落着として親しまれてきた銘仙は、普段着物を着る機会が少なくなってしまった現代、たくさん眠っていると言われています。 そして、その銘仙は、現在若い女性の間で人気があり、高額買取の可能性が高まってきたのです。 なぜ銘仙が見直され、人気となっているのでしょうか。 それは、現在着物を持つ方が少なくなり、逆に着物を借りる方が増えてきたため、かつての着物の在り方の変化が要因とされています。 キラキラとして艶やかな着物が好まれる一方で、大正ロマンを感じる銘仙にも根強いレンタルとしてのニーズが大きくあるのです。 そのため、銘仙は高額買取の可能性があります。

ご自宅に不要になった銘仙をお持ちならぜひ一度買取業者を利用してみることをおすすめします。



着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説