不要な帯は着物買取へ!気になる買取価格や査定ポイント 近年、不要な着物とともに、不要な帯の処分にも困っているという声を耳にします。 『いったいどんな帯が高く売れるのだろう』『そもそも帯って売れるのだろうか』そんな悩みにお答えするべく、今回は帯の買取について紹介します。

着物買取業者は帯のみでも買い取ってくれるのか?

新しい帯を買って、今まで使ってた帯を売りたい方や、親戚に着物を譲ったけど、帯だけ残ってしまったという方、帯は帯だけでも売れるんです!

着物や帯の買取について

そもそも現在、着物や帯の買取は、活気を示しています。 持つ時代から借りる時代へと変化したために、着物レンタルの需要が増加していることが要因となっています。そのため、着物や帯の買取業者が増えているのです。

着物買取における帯のみの買取について

しかし、帯は着物とセットでないと売れないのでは?という声を耳にしますが、そんなことはありません。 着物は、着物であり、帯は帯として査定をしている業者がほとんどです。そのため、一般的に、帯のみでも買取が可能な業者は多くいます。 帯は着物に比べ、サイズの幅が広く、より多くの方に着て頂けるため、着物よりも高額買取になることもよくあります。

着物や帯はどのように買取価格を決めている?

着物や帯の種類は多岐に渡り、有名な作家であっても着物の全てを語れないと言われています。 そのため、着物の価値を判断するのは、とても難しいとされています。

着物や帯の買取価格を決めるチェックポイントなど

まず着物や帯の買取価格を決めるポイントは、その着物や帯に対して、ニーズがあるかという点がとても重要な部分と言えます。 例えば、着物でいえば、丈は長ければ長いほど着てもらえる範囲が広がるので、丈の長さを測ったりします。 帯であれば、袋帯なのか、名古屋帯なのか、半幅帯なのか、それぞれの帯にそれぞれのニーズがある柄であるかを見たりします。 半幅帯や名古屋帯であれば、カジュアルな着方が流行っているので、カジュアルな柄が人気であったり、袋帯であれば、古典的な柄が人気であったり、と色々な部分をチェックしていきます。 また、上記はあくまでも査定価格を決める一部となり、他にも様々なチェックポイントがあります。

着物や帯の状態や産地、作家など

着物や帯、どちらも状態はとても大切な部分です。汚れがあったり、裾の部分が破れてしまったり、袋帯のつなぎ目がほつれてしまったり、色々な部分を査定員は見てくるでしょう。 また、その着物や帯に、産地などが記載された証紙や、作家の落款があれば、買取価格は、大きく上昇する可能性が高いです。

着物や帯の買取で価格が付きやすい種類と相場

では、実際にどんな種類のものが、高額買取になりやすいのでしょうか。いくつか紹介をしていきます。

着物や帯の高額買取される種類について

着物であれば、成人式でレンタルや中古購入のニーズが高い振袖を筆頭に、訪問着や付け下げといった着物が高額買取になりやすいと言えます。 また、小紋や紬に関しても、柄や作家によっては、高額買取になるものもあります。 次に、帯であれば、特に袋帯が高額買取の可能性があると言えるでしょう。これは現在着物を着るシーンが、日常ではなく、特別な日に着る機会が増えてきたからと言えます。

着物や帯の買取価格を上げるポイント

上記にて、高額買取になりやすい種類を紹介してきましたが、下記では、いかにして、買取価格を上昇させるかアドバイスをしていきたいと思います。

着物や帯は一緒に売った方が良いのかどうか

これは、非常に曖昧な部分ですが、一般的には関係が無いと思った方が良いでしょう。 というのも、その着物と帯をセットで着たいという方よりも、組み合わせは、新しくその着物を必要とする方々が決めることなので、一緒に売らなければいけないということは、無いと思っていただいて良いでしょう。

着物買取で着物や帯の買取価格を高くするためのポイント

高くするためには、一度にたくさんの物を見せることです。業者にとっては、一点ずつよりも多くの商品を買い取りして流す方が都合が良いというのが理由です。

着物買取での着物の売り方やポイント

しかし、ここで注意しておきたいのは、全部は見せる必要性が無いということです。 業者や査定員によっては、ひとつでも粗悪な状態の物が混じっている時点で、全ての保存状態も同様と判断し、警戒されてしまいますので、状態の良い物をできる限り見せ、結果を聞いてから、売る物と売らない物を分けていきましょう。

着物や帯の付属品や証紙などについて

また、買取を依頼する際には、事前に証紙の有り無しを把握しておきましょう。 証紙があれば、必ず買取価格が上がるというわけではないのですが、証紙があることによって、高額買取になる可能性があります。 証紙はあくまでも、その物の参考資料に過ぎませんが、あるにこしたことはないので、買取の前に、証紙の確認はしておいた方が良いでしょう。

着物や帯の取り扱いについて

上記で述べてきたように、着物や帯は高額買取の可能性があります。処分する前に一度、査定の依頼をしてみても良いでしょう。 しかし着物や帯が劣化してしまってからでは、修繕費やクリーニング代などの理由から、買取価格の低下が予想されます。 そのため、不要と判断した着物や帯に関しては、いち早く買取の依頼をすることをおすすめします。 ここで重要なポイントは、依頼をする前に一度、呉服屋さんやリサイクルショップなどにいき、ある程度着物の相場について、把握しておくことです。

そのうえで、複数の業者に依頼をし、一番高く買い取ってもらえるところに買取をしてもらうのが良いでしょう。