着物買取安い 着物を着る機会が少なくなってしまった今、眠っていた着物を売る方がたくさんいます。 しかしそんな方々からは『着物は売っても安い』という落胆した声をよく耳にします。 今回はそんな着物買取の安いイメージとともに、どのようにすれば着物を高く売ることができるのか、その方法について紹介していきます。

なぜ「着物買取は安い」というイメージがあるのか?

着物は種類が大変多く、査定における価値判断が非常に難しい品物のひとつとされています。 ブランド品や時計などのように安定した買取相場があれば、その相場に基づいて買取価格を決めることができるのですが、着物に関しては着物の販売価格を予測して初めて買取価格を決めることができるので、買取価格を見定める査定員のスキルがとても重要になってきます。 そのため査定員の査定スキルが低いがために着物の買取価格が安くなってしまったというケースもあり、そうした様々な要因から「着物買取は安い」といったイメージが広がっていったとされています。

着物が安い買取価格になってしまうケース

着物買取安い価格 査定員の査定スキルが低いがために着物の買取価格が安くなってしまう場合だけでなく、着物が安い買取価格になってしまう理由は、他にもたくさんあります。 そこでここでは、着物が安い買取価格になってしまう理由について紹介していきます。

着物が安い買取価格になってしまう理由

着物が安い買取価格になってしまう大きな理由は、着物人口の低下が挙げられます。 着物人口の低下により、着物を買う方が少なく、結果的に安い値段でないと着物が売れないという状況が続いています。 業者が着物を安く売るためには、安く仕入れるしかないゆえに着物の買取価格も安くなってしまうという理由があります。 また着物世代の方々と、現代の若者や外国人との平均身長の違いにより、大きなサイズでないと買取価格が下がってしまうというケースもあります。

リサイクルショップ等の着物買取価格が安い業者について

上記でも少し触れましたが、着物の買取価格を決めるのは、非常に難しいと言われています。 それは着物を買う方が少なくなってしまっているのにもかかわらず、曖昧なまま高額で買い取りをしてしまっては、買い取った着物のデッドストック(行き場を失った在庫)を作ってしまう危険性があるからです。 例えば多岐に渡る商品を扱っているリサイクルショップなど、着物のみの販売にばかり目を向けていてはいられないため、安い買取価格で買わなければならないといった業者がたくさんいます。 これらの業者は買い取った着物を流す販路が少ないために、買取価格も安くなってしまうというジレンマを抱えており、結果的に「着物買取は安い」というイメージが広がってしまっている要因のひとつとなっています。

着物は状態が悪いと安くなってしまうようです・・・

着物買取安い状態 着物を着る機会が少なくなってしまった今、日本全国には多くの着物が眠っています。 着物の買取を考えている方の中には、長年着物を眠らせてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし着物の状態によっては、シミ抜きや、修繕費などの影響から、どうしても安い買取価格になってしまうことがあります。 このような状態になってしまう理由は、主に着物の保管方法に原因があります。 着物は、湿気に弱いため、湿気などの影響で色落ちや型崩れ、シミなどができてしまいます。 以下では、そういった着物の劣化を防ぐための保管方法について紹介していきます。

【着物を安くしないために①】着物は”適切な”保管方法で

着物の劣化などを防ぐためには、保管方法を考えることはとても大切です 湿気を防ぐために、たとう紙にしっかりと保存した方が良いでしょう。 また、たとう紙を使用する場合は、着物を適切にたたんで、たとう紙にしまうことが大切です。 この保管方法は、着物の型崩れを防ぎ、着物を湿気から防ぐための重要なポイントになります。

【着物を安くしないために②】定期的に虫干し(風通し)をする

年に3回の虫干しをすると、より良い状態で保ち続けることができます。 虫干しのタイミングは、なるべく湿気の少ない時期に行うことを心掛けましょう。 とくに、梅雨の明けた7月や秋晴れの10月、最も気温の低い2月がオススメです。 ちなみに、着物は一般のハンガーにも掛けることができます。 打掛けが無い場合には、ハンガーにかけて干しましょう。

着物の高額買取を狙おう!安い買取価格を避けるためのチェックポイント

着物買取安いポイント 着物の高額買取を狙うためには、保存状態を良好にするのはもちろんですが、それ以外にもポイントがあります。 丈は大きければ大きいほど良いとされ、現代の日本人や大柄な外国人でも着れるような丈の着物であると高値がつきやすくなります。 さらには、落款(その着物を作った作家による自筆の署名または雅号の印のこと)などがあった場合も、有名な作家であれば高額買取の可能性があります。 上記のように着物の高額買取を狙うためには、査定前にチェックしておくべきポイントがいくつかあります。 以下では、そんなチェックポイントについて紹介していきます。

【安い買取価格を避けるコツ①】証紙も査定してもらう

証紙は、作家や産地などを記載されていることが多く、その着物の重要な参考資料となります。 証紙があるから高額になるというわけではないです。 あくまでも、査定における参考資料であり、無いよりはあった方が良いというわけです。

【安い買取価格を避けるコツ②】高額買取される着物の種類を知っておく

現代、着物を着る多くの人が、特別な日に着ていくことが多いようです。 そのため、普段着などの小紋よりも、振袖や訪問着、付け下げの方が買取価格は高額になりやすい傾向にあります。

【安い買取価格を避けるコツ③】有名作家の着物なのか確認する

落款などのある有名作家の着物は、作家によっては非常に高額な買取価格になることもあります。 また、それら着物に限らず、帯でも同じです。有名作家の着物や帯は、高額買取になる可能性が非常に高いです。

安い買取を避けるために!着物買取の業者選びは慎重に

着物買取安い業者選び 正確な買取価格を見定めるのが難しい着物。 そんな着物の買取を考えている方は、安い買取を避けるためにも着物買取の業者選びを慎重に行っていきましょう。 そこで以下では、着物買取の業者について紹介していきます。

どっちが安い?リサイクルショップと着物買取専門業者

着物リユースの需要増加と共に、着物製品を取り扱うリサイクルショップも増えてきました。 しかしリサイクルショップの中には、思った以上に安い査定結果になってしまうケースもあるため注意が必要です。 この理由として、リサイクルショップは取り扱い商品が多岐に渡るため、各商品の専門性が低いことが挙げられます。 特に着物の価値を見抜くためには、着物に関する幅広い知見を必要とするため、着物とは異なるジャンルを何百点と取り扱っているリサイクルショップでは、有名作家の着物や有名産地の着物など『着物の価値』を見落としてしまい、本来の買取価格よりも安くなってしまうケースがあるので注意が必要です。 着物の価値にこだわりがなく、捨ててしまうよりはマシとお考えの方ならばリサイクルショップでの着物買取は良いかもしれませんが、着物の価値をしっかりと見極めてもらいたい場合には、着物買取専門業者を利用するのが良いでしょう。

安い買取を避けるためには着物買取専門業者を利用しよう

着物買取専門業者は日々着物を見ることを生業にしているので、着物の知識はもちろん、着物の査定スキルがとても高いレベルにあります。 また着物を再販売する販路を広く築いている業者が多く、デッドストック(行き場を失った在庫)を心配する必要が無いので、高額買取になりやすい傾向にあります。 一方で着物買取専門業者と言っても、その数は膨大にあります。 そのため着物買取専門業者の中から業者をさらに選んでいく際には、インターネットなどを利用して、その業者の事業規模や買取実績などを確認をしておくと良いでしょう。 また知人や友人などに利用者がいる場合は、その方から直接業者のことを聞くのも良いでしょう。 しかし、この時に気を付けたいのは、ひとつの業者だけの意見を鵜呑みにしないことです。 その業者が嘘をついておらず本当のことを言っていても、業者によって値段のつけ方が違ったりすることもあるので、後悔をしないために複数の業者に買取の依頼をすることをおすすめします。

まとめ:着物は安いとは限らない!

「不要になってしまった着物だけど、安いんじゃ売ってもしょうがない」と言って、着物をそのまま処分してしまう方が見受けられます。 しかし着物は意外に高額な買取価格が付く場合もありますので、処分をする前に一度プロの査定員に見てもらった方が良いでしょう。 またこの時安い買取をされないよう、予め呉服屋などに行き、相場の把握をしておいた方が良いでしょう。 相場の把握をしておけば、提示された買取価格に納得できるかどうかの基準を作ることができます。 着物買取を依頼するか迷われている方は、是非この記事を参考にしてみてください。