着物の処分方法と「買取」という選択肢 着物の処分に困っているという声をよく耳にします。 皆さんも、周りにそういった方たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。というのも、日常で着物を着る機会が少なくなってしまったために、タンスの肥やしになってしまっているといったケースが頻発しています。 しかし、同時に、着物を着る文化は見直され始めてきているのも事実です。現在着物は、日常で着る物から、特別な日に着るというとらえ方に変わり始めています。 また着物は、持つ時代から借りる時代へと着物の在り方が変化してきています。 この機会に、不要になってしまった着物の処分について、考えてみませんか?そんな着物の処分について紹介します。

着物の処分をお考えではありませんか?

『着物を処分したい』、そう思いたったものの、いざ処分してみようとなると、どうしていいかわからない方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 着物の処分は、ただ洋服を捨てるのとは、少し違いますよね。 というのも、着物は思い入れの強い物で、使いまわすこともできるし、リサイクルやリメイクをすることもできる、それでもタンス一杯の着物のスペースはもったいない、処分すると決心しにくい物のひとつではないでしょうか。

着物の処分方法について

上記の悩みを解決するために、処分の方法について、以下紹介していきます。

ゴミに出す

まず初めに、ゴミに出すなどをして、捨てるという選択肢があります。 何か念を断ち切りたいなどの良くはない意味で、処分をしたい場合は、良いかもれしません。 しかし、地域や捨てる枚数によっては、費用がかかってしまうことをご存知でしょうか。 捨てる前に一度、自治体などに相談してみることをオススメします。

譲る

上記に繋げて、実は自治体などによっては、無料で着物を引き取ってくれるというところもあるみたいです。 また、娘息子や孫にお下がりとして譲るという選択肢もあります。 これも、お下がりする相手の好みによって変わりますが、親しい人が自分の着物を着てもらえるのは気持ちの良いものですよね。 次に、親戚や友人、知人に譲るというものです。こちらも好みが合えばとても喜んでもらえるでしょう。 しかし無理に譲って、逆に相手に気をつかわせてしまうこともあるので、注意が必要です。

リメイクをする

近年では密かに、ハンドメイドで、着物をリメイクする方が増えています。 自分の使っていた着物が別の形でそばにあるのも良いものではないでしょうか。 大切にしてきた帯を、テーブルクロスや壁掛けのインテリアにするのも流行っているようです。

オークションやフリマアプリなどで売る

インターネットなどを通して、ご自身の物を販売している方にはおすすめと言えます。 自分が納得した価格で売ることができるのは大きなメリットではないでしょうか。 デメリットとしては、大量の着物を売却する際には、とても手間がかかり、郵送などもしなければならず、着物を送り、お金を受け取るまでに、2週間程度の期間を要することになります。

買取

最後に、買取という選択肢があります。 着物の買取は、近年活気を見せていて、冒頭で述べたような悩みを持つ方はたくさんおり、その解決の選択肢として、買取を依頼する方が多くいらっしゃるようです。

着物の処分前に知っておきたい「買取」という選択肢

なぜ着物の買取が好まれているのか

着ない物を現金化できるということが大きなメリットだと言われています。 また、出張買取においては、大量にある着物の持ち運びの手間を必要とせず、自宅で待つだけというのが大きな話題を集めています。

着物買取の種類

着物買取の種類は大きく分けて、3つあります。   まず初めに『店舗型買取』です。 店舗型買取では、着物を持ち運ぶ手間を要しますが、一度に何件も周れるので、自分の納得した金額で、即日処分を可能とします。   続いて、『宅配型買取』です。 宅配型買取は、梱包と郵送に手間を要しますが、査定する方と顔を合わせずに済み、電話などで伝えられた査定結果に納得できた場合、現金化することができます。 送料返送料含め、無料である業者が多く、忙しい方に人気があります。 しかし、この宅配型買取では、着物を郵送してから現金化までに時間がかかり、最低でも2週間は見積もっておいた方が良いでしょう。 また、複数の業者と相見積もりをするのには、膨大な時間がかかるため、見積もり希望の方には向いていないと言えます。   最後に紹介するのは『出張型買取』です。 出張型買取では、買取の依頼をしたら、後は家で待つだけで、手間を必要としません。 即日現金化できるうえに、着物を運ぶ手間がないので、とても人気があります。

種類ごとによって異なる着物の処分方法

一口に着物と言っても、その種類は多岐に渡ります。 ここでは、着物の種類ごとにお勧めの処分方法を紹介します。

七五三

着物の中でも七五三の着物は、着るタイミングがとても少ない着物と言えます。 そのため、タンスの奥に眠ってしまうことが多く、劣化が懸念されます。 お下がりとして譲る場合は、年に2回の虫干しと湿気の少ない場所での保管をおすすめします。 買取を依頼する際には、七五三の着物はセットで箱に入れられている物も多く、持ち運びが比較的容易なため、店舗型買取で、複数の業者を回り、一番納得できる業者に買取をしてもらうのが良いでしょう。

古い着物

古い着物は、劣化している可能性が高く、高額買取になりにくい着物と言えます。 中には、産地や作家によっては希少性が高い物もあるため、高額買取できるものもあるようです。そのため、一度プロの方に見てもらうことをおすすめします。 そのうえで、買取価格に納得できなかったり、買い取りをしてもらえなかったものは、ハンドバックや化粧ポーチなど、身近な物にリメイクをして再利用することをおすすめします。 古い着物は特に、思い入れの強い物もあり、こういった形で着物をリサイクルしてあげるのも一つの選択肢ではないでしょうか。

喪服

喪服の着物は、家紋が入っているうえに、喪服を着る方が少なくなってしまったために、買取をしてもらえないことが多々あります。 そのため、家紋が同じ親族に譲ったりして、新しい方に使っていただくのがベストでしょう。 どうしても現金化したいということであれば、出張買取などを依頼して、別の着物と一緒に買取してもらえるよう交渉してみるのもひとつです。

着物の処分時について

着物の処分は悩ましいからこそ、しっかりと納得のいく形で処分したいものですよね。 しかし、上記でも説明したように、自宅に眠らせたまま時が経ってしまえば、いずれ捨てることになってしまいます。 悩んだタイミングこそ、処分時だと考えてもよいかもしれません

その際は、是非この記事を、参考のひとつとして活かしてみてください。