着物帯買取価格

近年、不要な着物とともに、不要な帯の処分にも困っているという声を耳にします。

『いったいどんな帯が高く売れるのだろう』『そもそも帯って売れるのだろうか』そんな悩みにお答えするべく、今回は着物とともに帯の買取価格や査定ポイントについて紹介していきます。

着物や帯の処分に悩まれている方は、是非参考にしてみてください。

着物買取業者は帯のみでも買い取ってくれるのか?

着物帯買取価格可能

新しい帯を買って今まで使ってた帯を売りたい方や、親戚に着物を譲ったけど帯だけ残ってしまったという方など、様々な理由で帯の処分に困っている方がいらっしゃるようです。

以下では、そんな帯の処分について紹介していきます。

着物や帯の買取について

持つ物から借りる物へと変化している着物や帯。

京都を始め、福岡や鎌倉などの観光地先では、着物や帯をレンタルして観光を楽しむ方が若者を中心に急増しています。

そうした背景から着物買取市場は活況を見せ、連日多くの着物や帯が取引されています。

そのため着物や帯の買取も積極的に行われており、高額買取に至るケースが頻発しています。

着物買取における帯のみの買取について

着物買取を依頼する方の中には「帯は着物とセットでないと売れないのでは?」といった不安の声を耳にしますが、そんなことはありません。

着物は着物として、帯は帯として査定をしている業者がほとんどで、帯のみでも積極的に買取が行われています。

また帯は着物に比べてサイズの幅が広く、より多くの方に着て頂けるため、着物よりも高額買取になることも珍しくありません。

そのため帯のみの処分を考えている方も、一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

着物や帯はどのように買取価格を決めている?

着物帯買取価格決め方

着物や帯の種類は多岐に渡り、着物に精通した有名な着物作家であっても、着物の全てを語れないと言われています。

そのため着物は、価値を判断するのが難しい品物のひとつとされています。

着物や帯の買取価格を決めるチェックポイント

着物や帯の買取価格を決めるポイントは、その着物や帯に対してニーズがあるかどうかという点です。

着物であれば、丈は長ければ長いほどサイズの調整がきくため、より多くの人に着てもらうことができるので、買取価格を決めるうえで丈の長さは重要なポイントとなります。

帯であれば、袋帯なのか、名古屋帯なのか、半幅帯なのか、それぞれの帯にそれぞれのニーズがある柄であるのかを見たりします。

半幅帯や名古屋帯であれば、カジュアルな着方が流行っているのでカジュアルな柄が人気であったり、袋帯であれば、フォーマルな場面に着ていくことが多いので古典的な柄が人気であったりと、色々な部分をチェックしていきます。

着物や帯の状態や産地、作家など

着物や帯の状態は、買取価格を決めるうえで重要なポイントとなります。

汚れが無いか、裾の部分が破れていないか、帯のつなぎ目がほつれてしまっていなかなど、色々な部分の状態がチェックされ、買取価格が決まっていきます。

また、製作された産地などが記載されている『証紙』や作家の『落款』(その着物を作った作家による自筆の署名または雅号の印のこと)などがあれば、更なる高額買取に期待ができます。

着物や帯の買取で価格が付きやすい種類と買取相場

着物や帯の種類というのはとても多く、いくら新品であっても買取を行ううえでは「各ご家庭で保管されていた中古品」として扱われるため、必ずしも全ての着物や帯が買取可能というわけではありません。

しかし昨今の着物レンタルブームの影響から、着物や帯の買取は積極的に行われており、着物買取市場では高額買取に至るケースが頻発しています。

ここでは実際に着物や帯のどんな種類のものが高額買取になりやすいのか、それぞれの買取相場を紹介していきます。

【着物の種類】買取相場(高額買取に至った場合)
留袖~30,000円
振袖~50,000円
訪問着~50,000円
付け下げ~30,000円
小紋~20,000円
色無地~30,000円
~50,000円
【帯の種類】買取相場(高額買取に至った場合)
名古屋帯~20,000円
袋帯~20,000円
丸帯~10,000円
半幅帯~5,000円

上記の買取相場は、過去にあった買取実績の中で高額買取に至ったケースをもとに作成されたものとなります。

そのため、上記の買取相場に記載されている買取価格はあくまでも目安であり、着物の状態や種類等によってはそれ以上の買取価格に至る可能性は十分にあります。

着物や帯の買取を考えている方は、上記の買取相場を参考にして、一度着物買取専門業者に見てもらうことをおすすめします。

着物や帯の買取価格を上げるポイント

着物帯買取価格ポイント

着物や帯は売り方次第で、買取価格に大きな影響を与える可能性があります。

そのため着物や帯の買取を依頼する際は、事前に買取価格を上げるポイントを抑えておくと良いでしょう。

そこで下記では、着物や帯を少しでも高くするためのポイントを紹介していきます。

【買取価格を上げるポイント①】着物や帯の組み合わせ

これは非常に曖昧な部分ですが、一般的には関係が無いと思った方が良いでしょう。

というのも買い取った着物と帯をセットで着たいという方よりも、新しくその着物を必要とする方々が組み合わせを決めることがほとんどなので、必ずしも一緒に売らなければいけないというわけではありません。

一方で業者によっては着物だけでなく帯も一緒に買い取ってもらうことで、買取価格を上げてくれる場合もあるので、買取を依頼する際に業者に確認しておくと良いでしょう。

【買取価格を上げるポイント②】一度にたくさんの着物や帯を出す

着物や帯の買取価格を上げるポイントのひとつに、一度にたくさんの着物や帯を出すということが挙げられます。

業者にとっては一点ずつよりも多くの着物や帯を買取りすることで、一度に大量の商品を着物買取市場などに流通させることができます。

そのため買取価格を少しでも上げていくためには、多くの着物や帯を査定に出すなどして、業者にとって買取価格を上げやすいポイントを抑えておくと良いでしょう。

【買取価格を上げるポイント③】着物の状態をチェック

着物や帯の買取査定をする際に一度にたくさんの着物や帯を出すのは良いことですが、ここで注意しておきたいのは、お手元の着物や帯を全部見せる必要は無いということです。

着物や帯を査定する際に業者や査定員によっては、粗悪な状態の物が混じってしまっているとひとつでも判断されてしまった時点で他の着物や帯の保存状態も同様であるとみなされてしまうケースがあります。

そのため状態の良い着物や帯をできる限り見せ、結果を聞いてから売る物と売らない物を分けていくと良いでしょう。

またこの時、綺麗な着物や帯とともに、状態の悪い着物や帯も買取に出したい場合は、査定前に両者を仕分けておくと良いでしょう。

【買取価格を上げるポイント④】証紙の有り無しをチェック

着物や帯の買取を依頼する際には、事前に証紙の有り無しを確認しておきましょう。

証紙は、着物や帯の買取価格を決めるうえで重要な参考資料となります。

証紙があるからといって必ずしも高額買取にいたるわけではありませんが、証紙があることによって高額買取になる可能性もあるため、買取を依頼する前に証紙の有り無しを確認しておくと良いでしょう。

着物や帯の買取:まとめ

上記で述べてきたように、着物や帯は高額買取の可能性があります。

しかし着物や帯が劣化してしまってからでは、修繕費やクリーニング代などの理由から買取価格の低下が予想されます。

そのため不要と判断した着物や帯に関しては、いち早く買取依頼することをおすすめします。

また買取の依頼をする前に一度、呉服屋さんやリサイクルショップなどに足を運び、ある程度着物の相場について把握しておくと良いでしょう。

そのうえで複数の業者に依頼をし、一番高く買い取ってもらえるところに着物や帯の買取をしてもらいましょう。