着物買取をおこなっている業者が、査定をするときにチェックしているところのひとつに、素材があります。着物買取業者が扱う着物の素材は、基本的に正絹のみとなっています。正絹が着物の基本的な素材となっているからです。売りたい着物の中に正絹ではないものが混ざっていたら…素材が違うものは売れないのかというと、そういうわけではありません。正絹の着物がある程度あれば、正絹ではないものも買取している業者もあります。ウールや化繊であっても大丈夫です。ただ、正絹の着物がない状態でそれ以外の素材を買取してくれる業者はなかなか見つかりにくいでしょう。それだけ正絹の着物がメインで需要がある、ということです。正絹以外の着物は価値がないのかというと、そういうわけでもありません。買取してもらえる枚数はかなり少ないですが、お稽古着として正絹ではなくウールや化繊のものを探している人もいます。高額の買取は期待しないほうがいいですが、需要がないわけではないので買取可能でしょう。しかし、正絹の着物でも買取額が変わる場合もありますし、買取不可能な場合もあります。それはどうしてかというと、正絹であってもあまり需要がない柄や色合いだったり、保存状態が悪くてとてもじゃないけれど着られない着物だったり…いろいろな面から着物を査定して着物の価値をつけますので、正絹であるかどうか、というのはポイントの一つに過ぎません。やはり需要が高いのは、有名作家のもの、お手入れが行き届いているもの、色柄が人気のものなどです。また、品格は同じ正絹の着物であっても、全て同じ値段がつくというわけではありません。正絹は匁(もんめ)という単位で現されていて、この数字が大きければ大きいほどに使われている絹の量が多いという意味になるので、着物買取をする業者はこの匁(もんめ)までチェックします。買取をしてもらう前に、着物の重みを自分でチェックしてみてください。手に持つだけで軽いか重いかの違いがわかるぐらい、差が出ます。