着物買取の査定ポイントの一つに、柄行きというものがあります。着物の柄は流行りもなにもないと思っている人が多いですが、実は着物の柄にも流行りがあります。古くからの伝統を受け継いでいる古典柄だけは流行りがありませんが、それ以外の柄は流行が過ぎたら着られなくなってしまう可能性もあります。今は古典柄以外にも様々な柄の着物が出て来てはいますが、全てが長く着られる着物なわけではありません。着物で高く売れる柄というのは、長く着られる古典柄、もしくは流行りの現代柄となりますね。 どちらかというと、古典柄のほうが買取には好まれます。現代柄では奇抜な柄も多く、買い手が少なそう…と判断すると、買取額が下がってしまいます。流行っている柄を着ていたころはよくても、売るときになると既に流行っていない…ということもあります。また買取業者が買い取ってから、売りに出すタイミングもわかりません。そのため、流行り柄は買取額が安くなってしまうのです。 着物の場合、何十年も前のもののほうが、逆に高く売れる可能性があります。リメイク着物などの使い道もあるからです。古くても状態がいいものは、一度査定に出してみてくださいね。 また、着物は柄によって格が決まりますので、肩から袖や裾までの柄で、袖が長いものは振袖と分類されますし、袖が短ければ訪問着、裾周りに柄があって紋も入っていれば留袖、柄だけの場合はつけ下げ、裾や袖だけではなく全体に柄が入っていれば小紋、柄が入っていなければ色無地、となります。ここで挙げただけでも種類がたくさんありますね。 格が高い着物のほうが高い買取額になることが多いですが、紋がある場合は買取額が安くなる場合もあります。まずは自分で、売りたい着物がどこに当てはまるのかを確認しましょう。