着物は反物で購入した場合は仕立てが必要ですが、その仕立てをどこでおこなったかによって査定額がかわることがあります。高く買取してもらえるのは、老舗の呉服屋さんで仕立てたものです。老舗の呉服屋さんで仕立てたものは、やはり仕立てが美しいです。 呉服屋さんでは、絶対に安く仕立てられた着物を扱っていません。伝統工芸品である反物を仕立て人が丁寧に仕立てています。着心地・動きやすさ・柄通しの美しさなど…安く仕立てられた着物とはまったく違い、非常に素晴らしい仕立てがされています。 また、呉服屋さんで購入した着物は、業者が売るときにもそれを一つの売りとして販売できますので、その分買取額を高くしてくれます。 一方で、今は安く仕立てるために、海外でおこなっている場合もあります。安く購入できるという買い手側のメリットはありますが、仕立てが雑になっている場合が多いです。同じ正絹であっても、仕立ての質が違えば着物自体が変わります。着物買取業者は仕立ての良し悪しまで確認しますので、量販店で購入したとなれば安く仕立てられていると判断されてしまいます。 購入場所も売るときには聞かれる可能性が高いです。量販店で着物が売られるようになったのは最近ですから、祖母や母から譲り受けて長年所持している着物を買取に出そうと思っているときは、老舗の呉服屋さんで仕立てられた可能性が高いので、それを伝えておきましょう。買取額も高くなるかもしれません。 もちろん古ければいいというわけではなく、状態もチェックされますので、きちんと保存しておきましょう。